「坂道のアポロン」アフレコ快調 声優陣が作品の魅力を語る | アニメ!アニメ!

「坂道のアポロン」アフレコ快調 声優陣が作品の魅力を語る

アニメ化にあたっては、人気原作に加えて実力スタッフが集結したことも話題だ。監督に『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎さん、その

イベント・レポート
sakamichikey.jpg 2012年4月より、フジテレビ「ノイタミナ」でアニメ『坂道のアポロン』の放映がスタートする。月刊「フラワーズ」(白泉社)に小玉ユキさんが連載する原作マンガは、1960年代の九州を舞台にジャズに魅了された少年少女を描く。鮮やかに描き出された青春模様が人気を呼んでいる。
 アニメ化にあたっては、人気原作に加えて実力スタッフが集結したことも話題だ。監督に『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎さん、その『カウボーイビバップ』や『マクロスF』などで数々の名曲を生みだしてきた菅野よう子さんの音楽、『天空のエスカフローネ』など華やかなキャラクターづくりに定評がある結城信輝さんといった具合だ。

 そんな作品に相応しく、声優陣も豪華だ。主人公の西見薫には、ノイタミナ作品の『東のエデン』の滝沢朗役で好評を博した木村良平さんが再び挑む。さらにヒロイン律子役は南里侑香さん、千太郎役の細谷佳正さん、淳一役の諏訪部順一さんらが参加する。
 4月の放映に向けて作品の制作も進んでおり、アフレコも始まっている。そうしたなかで2月24日には、都内スタジオでアフレコ収録に合わせた合同取材が行われた。出演者たちが作品に対する意気込みを語った。

 木村良平さんは、「資料を見たときすごく楽しみだなと思いました。作品の雰囲気からも自然な感じの演技を自分でイメージしていたので、他のキャストの方の名前を見て、あ~、この人がこの役やるなら完璧だなと思って、これからがすごく楽しみだなと思いました。」とアフレコ前から楽しみにしていた様子だった。
 さらに「また原作をそのままではなく、アニメにすることによって増す魅力、新たな「坂道のアポロン」としての魅力を原作ファンのみならず、たくさんの人に伝えていければと思います。」と意気込みを見せる。

 律子役の南里は、「最初キャストを見たときに、初めて共演の方も多くてわ~と驚いたのですが、頭の中で漫画を読みながら色々想像したりして、アフレコ収録に備えました。またJAZZという一つのテーマがありますし、音楽も菅野さんが担当していて、監督も菅野さんも力を入れて作っている作品なので、私自身も放送が楽しみです。」と話す。
 細谷さんは、「コミックを読んで、きっとアニメになったらすごく自然でナチュラルな日常を描いていくんだろうなと想像しました。また共演者の方も一緒に芝居をしたかった方ばかりだったので、この作品に出れてうれしいなと思いました。個人的にはこれから方言がすごく大変だなと思います。今後音やセリフが付いてきたときに作品がどうなっていくのか、本当に楽しみです。」と作品の魅力を熱く語った。
 諏訪部さんはアフレコさんかはこれからとなる。「この作品はオーディションの前から知っていて、非常に素敵な作品だなと思っていたので、絶対に出たいという強い意気込みのもと臨みました。念願叶って本当に嬉しかったです。」。
(c)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会

       apolonafureko.jpg

アニメ『坂道のアポロン』
2012年4月よりフジテレビ ノイタミナ ほかにて放送予定
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊フラワーズ」連載)
/http://www.noitamina-apollon.com
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集