東京アニメアワード公募部門に382作品 3/4が海外から | アニメ!アニメ!

東京アニメアワード公募部門に382作品 3/4が海外から

ニュース

 第11回 2012東京アニメアワード公募部門の応募作品は、382作品に達したことが分かった。東京アニメアワードは、東京アニメフェア実行委員会が毎年開催する。過去一年間に発表された優れた商業アニメーションを対象とするノミネート部門、国内外から広く作品を求める公募部門、そしてアニメーション産業を支えた先人を讃えた功労賞からなる。アニメーション文化を幅広く顕彰するものだ。

 今回の応募作品は、382作品とこれまでよりやや少なくなった。しかし、海外からの応募が増えており、国際的に注目度の高い賞となっている。また、学生部門が296作品で、若い世代の応募が多いことが分かる。
 382作品のうち国外からの応募は286作品、全体の7割以上を占めた。なかでも目立つのが中国からで、93作品と日本の96作品に迫る規模となっている。さらに台湾から59作品、フランスから41作品、ドイツから27作品と続く。応募のあった国は21ヶ国地域となるが、上位4つで全体の6割を占める。

 近年、海外からの作品の受賞が目立つ東京アニメアワードの公募部門だが、2012年も海外作品の活躍が期待されそうだ。
 作品は公募審査員14人の審査により、グランプリ、一般部門優秀賞、学生部門優秀賞、特別賞、企業賞などが決まる。表彰式はノミネート部門、功労賞と共に3月24日に東京ビッグサイトにて行われる。

東京アニメアワード /http://www.tokyoanime.jp/ja/award/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集