「劇場版 名探偵コナン」最新作にJリーガーが本人役で登場 | アニメ!アニメ!

「劇場版 名探偵コナン」最新作にJリーガーが本人役で登場

人気アニメの『名探偵コナン』とJリーグが、2012年4月14日公開の劇場映画『名探偵コナン 11人目のストライカー』でコラボレーションすることが決まった。

ニュース
 人気アニメの『名探偵コナン』とJリーグが、2012年4月14日公開の劇場映画『名探偵コナン 11人目のストライカー』でコラボレーションすることが決まった。12月5日に、Jリーグの年間表彰式である「2011Jリーグアウォーズ」にてコラボプロジェクト「Jリーグ20周年記念プロジェクト 劇場版『名探偵コナン』 with J.LEAGUE]として発表された。 
 このコラボレーションは、Jリーグ設立20周年記念として、来年16作目を迎える劇場版『名探偵コナン』最新作がサッカーを題材にすることから実現した。Jリーグがアニメ映画とこうしたコラボレーションプロジェクトに取り組むのは初めてとなる。

 コラボレーションプロジェクトの第1弾は、SAMURAI BLUE 日本代表として活躍する選手たちの映画出演である。映画ではサッカースタジアムを舞台に巻き起こる事件に名探偵コナンが挑むが、劇中の人気Jリーガーが登場する。
 出演するのは、遠藤保仁選手(ガンバ大阪所属)、今野泰幸選手(FC東京所属)、中村憲剛選手(川崎フロンターレ所属)、さらに楢崎正剛選手(名古屋グランパス所属)の4人である。4人は本人役としてアニメのキャラクターになり、さらに声優に初挑戦する。果たして物語にどのように絡んでくるのか、いまから注目される。

       konanjredu.JPG

 また、Jリーグは映画製作のためのロケーションハンティングや映像撮影などにも全面協力する。さらに、映画イベントへの現役選手の出演やJリーグ試合観戦企画、Jリーグおよびクラブ限定グッズ製作、コラボイベントも行う予定だ。Jリーグは、映画を通じて仲間との絆やサッカーの魅力、スポーツが持つ力を多くの人たちに伝えたいとしている。
 人気Jリーガーの協力で、映画はこれまで以上の盛り上がりを期待することになる。一方、Jリーグは『名探偵コナン』のファンの中心である子どもたちに積極的にアプローチすることになる。

 今回のコラボレーションについて、Jリーグチェアマンの大東和美さんは、
「この映画を通じて、サッカーの素晴らしさ、仲間との絆、そしてスポーツが持つ力を感じていただきたいと思います。Jリーグを舞台に起こる難事件の解決に、コナン君の活躍はもちろん選手の皆さんの活躍も期待しております」話す。

 また、『名探偵コナン』の原作者 青山剛昌さんは、 
「どーも青山です!やっとこの企画がきたかって感じです!(笑) 原作やテレビアニメじゃ、たまにサッカーモノはやってたけど、映画じゃ、まだだったので!
しかも、実在のJリーガーとコナンが共演するなんて夢のようだな~♪」
と喜びのコメントを寄せる。

『名探偵コナン 11人目のストライカー』
/http://www.conan-movie.jp/
2012年4月14日(土)全国東宝系ロードショー

       konanjregu2.jpg
        (c)2012 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集