デジタルアニメ制作を目指す学生に 動画協会がセミナー | アニメ!アニメ!

デジタルアニメ制作を目指す学生に 動画協会がセミナー

ニュース

 日本動画協会は、アニメ業界のデジタル制作の仕事に関心を持つ学生のためのセミナー「アニメ業界デジタルワークスセミナー~ デジタルアニメ制作を目指す君に! ~」を7月26日に開催する。セミナーは近年注目を増しているアニメ制作におけるデジタルワークスの実際を紹介し、将来、この分野で働きたいと考える学生に理解を深めてもらう狙いがある。
 これまで毎年3月に東京国際アニメフェアに合わせて行われていたが、今回は7月に東京・秋葉原の日本動画協会の会議室を会場とすることとなった。一時間半のセミナーは無料で、13時からと15時半からの2回行う。受講は無料で、各回定員は50名。アニメ業界に興味を持つ学生だけでなく、アニメ教育関係者や制作会社関係者の受講も可能となっている。

 セミナーの特徴は、デジタル制作の最前線で実際に働くプロを招き、現場の様子を紹介することだ。アニメ制作におけるデジタルワークスとは何なのか?2Dアニメとは異なる面もあるデジタル分野での就業環境は?といった疑問に答える。
 また、1)アニメ業界と他業種との仕事の違い、2)2Dワーク(撮影・エフェクト)と3DCGワーク(モデリング・モーション)の役割分担、3)スタジオの作業風景および環境レポート、4)アニメ業界の求人状況や採用の実態などの個別のテーマも取り上げる。

 講師にはアニメスタジオ サテライトのCGIディレクター八木下浩史さん、グラフィニカのVFXマネージャー藤黒素子さんを招く。八木下さんは『マクロスF』シリーズをデジタル分野から支えたほか、宇多田ヒカルさんの『Final Distance』CGIなどを担当する。藤黒さんはアニメ作品の仕事も多いグラフィニカで、撮影・グラフィックデザイン・色彩設計・特効・編集などのマネージャーを務める。いずれもデジタルワークスの現場を熟知している。

 応募は日本動画協会へメールにて行う。受付後、動画協会よりメールにて受講連絡が送られる。応募締め切りは7月24日まで、ただし応募が定員に達した場合はその段階で募集を締め切る。

アニメ業界デジタルワークスセミナー ~デジタルアニメ制作を目指す君へ~
主催: 一般社団法人日本動画協会 デジタル技術研究会
募集対象: アニメ業界に興味を持つ学生、アニメ教育関係者、および制作会社関係者
開催日時: 7月26日(火) 13時~、15時半~ 2回講演(講演時間約90分)
開催会場: 日本動画協会会議室(東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4F)
受講料: 無料
定員: 各回50名

[応募方法]
e-mailのみでの受付。下記内容を記入の上、日本動画協会(/office@aja.gr.jp)へ申し込み
件名: アニメ業界デジタルワークスセミナー参加希望
本文:  1.希望時間枠(13:00~/15:30~)、2.名前(フリガナも記入)、3.性別、4.年齢、5.学校名(所属名)、6.住所、7.電話番号、8.講師に質問してみたいこと
応募締切り: 7月24日(日)まで
受講通知: 受付確認の後、応募者にメールにて連絡。
定員に達した場合は日本動画協会公式HP(/http://www.aja.gr.jp)にて案内。

[募集対象]
アニメ業界に興味のある学生/アニメ教育関係者/アニメ業界関係者

[講師] 

■ 八木下浩史(やぎしたひろし)
株式会社サテライト  CGIディレクター
1972年東京都生まれ。CGIディレクター。1998年より株式会社デジタルフロンティアにて『ガメラ3』に参加。その後、TVCM、ミュージッククリップ等のCGを制作、宇多田ヒカル『FinalDistance』CGI等を担当。『マクロスゼロ』(OVA)よりサテライト作品に参加。TVシリーズ『創聖のアクエリオン』にてアクエリオンのモデリング担当。
2005年より、サテライトデジタル部チーフディレクターとして、『ノエインもうひとりの君へ』(TV)、『Genius Party 上海大竜』(劇場)、『劇場版 アクエリオン』、『マクロスF(フロンティア)』(TV)、『劇場版 マクロスF』(前編、後編)などに携わる。

■ 藤黒素子(ふじくろもとこ)
株式会社グラフィニカ VFXマネージャー
株式会社ディジメーションに入社。その後、株式会社ゴンゾ、現在は株式会社グラフィニカにて撮影・グラフィックデザイン・色彩設計・特効・編集等のマネージャーを務める。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集