TwitterのTLから クールなショートアニメが生みだされる | アニメ!アニメ!

TwitterのTLから クールなショートアニメが生みだされる

ニュース

recosaru2.JPG インターネットを通じた番組配信サービス「ひかりTV」は、6月7日にtwitterを利用した少し変わったプロモーションを開始した。「レコメッター ~見逃さザル者たち~」と題されたサービスで、ユーザーのtwitterでの人とのつながりから、その人に最適な関連番組を決めるものだ。
 サイトはユーザーのフォロ―するTL(つぶやき)を分析することで、ユーザーの関心を導き出し、さらに最も相応しい「ひかりTV」で観るべき作品を決定する仕組みを持つ。大きなムーブメントを起こしているtwitterを利用することで、新しいものにアクティブに使いこなす人たちに「ひかりTV」を紹介する。

 このサービスで面白いのは、分析されたTLがショートアニメとして映像化されることだ。ちょっとクールな未来SF風の画面のなかに、ユーザーに関連深いキーワード、そしてフォロー相手のTLが埋め込まれる。
 映像ではTLが次々と解析され、HOTワードを巡り主人公のキャラクター ひかりカエサルが、謎のソーシャルワールドを舞台にスリリングな物語を繰り広げる。さらに映像だけでなく、東芝が開発した音声合成エンジン「ToSpeak Web API」を使うことで、twitterのTL(つぶやき)が合成音声に変換される。あたかも、登場人物がそれをつぶやいて見える。

 twitterを利用したサービスアプリは数多く提供されており、完成度の高いものも少なくない。例えば、前回の文化庁メディア芸術祭でエンターテインメント部門大賞を受賞した「IS Parade」などがある。「IS Parade」は、フォロワーのアイコンが、映像となってパレードを始めるというものだった。
 「レコメッター ~見逃さザル者たち~」も、そうした系統の中にある作品だ。しかし、作品中に登場する映像のレベルの高さ、エンタテイメント性の豊富さは格別だ。サービスは公開されたばかりではあるが、きっと大きな話題を呼ぶに違いない。

レコメッター ~見逃さザル者たち~
/http://www.hikaritv.net/recometter/
実施期間:2011年6月7日(火)~8月31日(水)(予定)

  recosaru1.JPG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集