青いバラ100本でお祝い 映画「パラダイス・キス」公開スタート | アニメ!アニメ!

青いバラ100本でお祝い 映画「パラダイス・キス」公開スタート

イベント・レポート

parakissshyonichi2.jpg 矢沢あいさんの人気マンガの映画化、人気スターの競演、華やかなファッションと、大きな注目を集める中で映画『パラダイス・キス』が6月4日にいよいよ公開初日を迎えた。映画公開を記念してこの日朝、東京・丸の内ルーブルで、北川景子さん、向井理さん、五十嵐隼士さん、大政絢さん、賀来賢人さん、加藤夏希さんの主要キャストと新城毅彦監督が登壇する初日舞台挨拶が行われた。
 メインキャストの集結は、先日、大盛況となった完成披露試写会に続くもの。今回もファンからは熱い声援を受けるなど、盛り上がりをみせた。

 舞台挨拶のフィナーレとなったのは、ジョージこと向井理さんが、主人公 紫を演じた北川さんへ100本もの青いバラをプレゼントしたことだ。チームワークもばっちりな本作の豪華パラキスメンバーの中で、原作と向き合い体型作りや仕草の研究などで役をつくりあげ撮影に臨んだ北川さんを労った。
 サプライズな贈り物に北川さんは、「ほんと驚きました!真っ白で何もいえないですが、撮影から2人でずっと一緒に頑張ってきたのに最後までこんなことして頂きすみません・・・。本当にうれしいです」と大感激。
 そして、「今日こうして初日を迎えられて本当にうれしいです。この作品は、生きていく中で参考になるセリフがたくさん詰まっているので、新しいことへチャレンジする人に見て欲しいと思います」と作品をアピールした。

 その向井さんは、「撮影からプロモーションまでやってきましたが、今日からは皆さんの作品です。撮影は暑い夏の季節でアトリエのセットは40もあったりしてサウナみたいで大変でした」と撮影での苦労話を披露。五十嵐隼士さん、大政絢さん、賀来賢人さん、加藤夏希さんらも、楽しいエピソードを紹介し、チームワークのよさが窺われた。
 最後に新城監督が「ファッション・メイク・セリフなど、シンプルに楽しくなれる作品を目指して作りました。何かを考えるきっかけになって欲しいです。ロケ場所や衣装の確認がハードル高かったですね。今日はありがとうございました」と劇場を訪れたファンへお礼を述べた。
 
映画『パラダイス・キス』
公式サイト  /http://www.parakiss.jp
公式Twitter  /http://twitter.com/parakiss_movie/

       parakissshyonichi.jpg 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集