羽海野チカ「3月のライオン」 今年のマンガ大賞に決定 | アニメ!アニメ!

羽海野チカ「3月のライオン」 今年のマンガ大賞に決定

マンガ大賞2011の受賞作が、決定した。羽海野チカさんによる『3月のライオン』である。

ニュース
 マンガ大賞2011の受賞作が、決定した。羽海野チカさんによる『3月のライオン』である。『3月のライオン』は2007年より「ヤングアニマル」に連載する将棋をテーマにした作品だ。本作は2009年にもマンガ大賞にノミネートされたが、獲得ポイント3位で受賞を逃した。2年ぶりのノミネートで、今度は2位以下を大きく引き離す獲得ポイントで大賞を射止めた。
 受賞した羽海野チカさんは、テレビアニメ化もされた代表作『ハチミツとクローバー』、そしてアニメファンには『東のエデン』のキャラクター原案としても知られている。今回の受賞について発表されたコメントでは「今はただただ嬉しくて胸がいっぱいです」とし、ファンや関係者に感謝の気持ちを伝えている。

 マンガ大賞の選考対象作品は、今年1月17日に発表されている。全国の書店員を中心とした89人の選考員の投票により上位13作品である。対象はこの13作品を選考委員が全巻読んだうえで投票し、得票ポイントの一番多かった作品を大賞としている。
 今年のマンガ大賞の発表は、当初、都内にて行なわれる授賞式と伴に行なわれる予定だった。しかし、3月11日に起きた東北関東震災を考慮して、授賞式は行なわず、公式サイトのみでの発表となった。

 マンガ大賞は書店員を初めとするマンガ好きが集まって、2011年にスタートした。今年で開催4年目を迎える。
 これまでにもマンガ関連の賞は少なくないが、選考委員にはマンガ家やマンガ編集者を含めずに、マンガの受け手が選ぶ賞というコンセプトを打ち出す特徴がある。さらに選考対象を既刊単行本8巻までの作品と定める。こうしたユニークな立場から、歴史の浅さに関わらず、受賞結果が大きな注目を集めるようになっている。

       mantai_3gatsu.jpg

マンガ大賞2011 公式サイト /http://www.mangataisho.com/

[マンガ大賞 受賞作]
  『3月のライオン』 羽海野チカ 75ポイント


『乙嫁語り』 森薫 55P
『アイアムアヒーロー』 花沢健吾 51P
『花のズボラ飯』 久住昌之、水沢悦子 50P
『失恋ショコラティエ』 水城せとな 47P
『さよならもいわずに』 上野顕太郎 42P
『進撃の巨人』 諫山創 41P
『刻刻』 堀尾省太 38P
『ましろのおと』 羅川真里茂 36P
『ドリフターズ』 平野耕太 35P
『ドントクライ、ガール』 ヤマシタトモコ 35P
『主に泣いてます』 東村アキコ 27P
『SARU』 五十嵐大介 21P
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集