人気のパチンコがTVアニメ化「戦国乙女」 戦国武将女体化に注目 | アニメ!アニメ!

人気のパチンコがTVアニメ化「戦国乙女」 戦国武将女体化に注目

ニュース

sengokuotome.jpg 2008年に発売され、戦国武将の女体化というコンセプトで話題を呼んだ遊技機「ツヨカワ系パチンコ機 CR戦国乙女」が、TVアニメ『戦国乙女~桃色パラドックス~』になる。2011年4月4日深夜2時よりテレビ東京にて放映開始する。
 『CR戦国乙女』は、日本の戦国武将たちをメインキャラクターにしたパチンコだが、主要キャラクターたちは全て美少女とユニークな設定になっている。萌え系キャラクターの登場、戦国武将の女体化と多くのファンを獲得した。
 そうした人気はパチンコにとどまらない。2009年には、『~百花繚乱~ 戦国乙女』としてコミカライズドされている。そして、2011年にいよいよテレビアニメシリーズとして登場する。

 主人公は、現代の女子中学生 ヒデヨシ、彼女はある日突然、戦国時代に似た、けれども女の子しかいない不思議な世界に飛ばされる。そこには美少女の織田ノブナガがおり、天下統一を目指すため伝説の深紅の甲冑を集めていた。ヒデヨシは何故かその手伝いをすることになる。
 個性的な少女だけでなく、声優陣も本作の魅力となる。ヒデヨシ役の日高里菜さん、ノブナガ役の豊口めぐみさん、明智ミツヒデ役の喜多村英梨さんをはじめ、平田裕香さん、持月玲依さん、明坂聡美さん、國立幸さん、伊瀬茉莉也さんと豪華キャストが並ぶ。

 監督には『D.C.II 〜ダ・カーポII〜』の岡本英樹さん、シリーズ構成は『らき☆すた』、『おおかみかくし』の待田堂子さん、アニメキャラクターデザインと総作画監督を山川宏治さんが担当する。アニメ制作はトムス・エンタテインメントだ。2010年4月期の話題の1本になりそうだ。

『戦国乙女~桃色パラドックス~』
公式サイト /http://ani.tv/sengoku_otome/
スペシャルサイト /http://sengokuotome.com

[メインスタッフ]
 原作: (株)平和(CR戦国乙女より)
 監督: 岡本英樹
 シリーズ構成: 待田堂子
 キャラクターデザイン原案: 白組
 アニメキャラクターデザイン・総作画監督: 山川宏治
 美術監督: 坂本信人 (bic・studio)
 色彩設計: 池田ひとみ(スタジオ・イースター)
 編集: 廣瀬清志 (グラフィニカ) 
 撮影監督: 関谷能弘 (グラフィニカ)
 アニメーション制作: トムス・エンタテインメント

[キャスト]
 豊臣ヒデヨシ: 日高里菜
 織田ノブナガ: 豊口めぐみ 
 明智ミツヒデ: 喜多村英梨 
 伊達マサムネ: 平田裕香
 今川ヨシモト: 持月玲依 
 徳川イエヤス: 明坂聡美 
 武田シンゲン: 國立 幸 
 上杉ケンシン: 伊瀬茉莉 也
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集