3D立体視のCGアニメ映画「もののけ島のナキ」11年12月公開 | アニメ!アニメ!

3D立体視のCGアニメ映画「もののけ島のナキ」11年12月公開

ニュース

 2010年は劇場アニメーションの活躍の目立った一年だった。日本のアニメ映画、ハリウッドのCGアニメーションと話題の映画も多い。2011年公開予定の作品も数多く、こうした勢いはまだ暫く続きそうな気配だ。
 そうしたアニメーション映画のなかで、2011年に一際大きな話題になりそうだ作品がこのほど明らかになった。2011年12月公開予定の『friends -フレンズ- もののけ島のナキ』だ。公式サイトによれば本作はCGアニメーション、さらに3D(立体視)による映像となる。先端映像技術を取りいれる。

 映画の原案は浜田広介さんの『泣いた赤おに』である。子ども向けの童話を題材にする。監督は山崎貴さんと八木竜一さん、山崎監督は現在大ヒット公開中の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『ALWAYS 三丁目の夕日』などを手がけてきた。VFXを活かした映像づくりに定評があるが、今回は脚本と伴に全編CGのアニメーションの監督に挑む。子ども向けの作品に本格的に取り組むのも初だ。
 八木竜一監督はテレビアニメ『もやしもん』のCG監督を務めた。アニメ作品での経験が、本作にも活かされそうだ。
 また、出演には香取慎吾さん、山寺宏一さん、YOUさん、加藤清史郎さん、FROGMANさん、新堂結菜さん、阿部サダヲさんの名前が挙がっている。多方面から才能を集めたユニークな布陣となった。
 3D立体視、CGアニメーションは、とも今後の日本アニメーション大きなトレンドになると見られる。それだけに多方面から関心を集める映画となるに違いない。

『friends -フレンズ- もののけ島のナキ』 公式サイト
/http://www.friends-movie.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集