少年ジャンプ作品等 米国で日本マンガiPad向けに販売 | アニメ!アニメ!

少年ジャンプ作品等 米国で日本マンガiPad向けに販売

11月2日、米国で『ワンピース』、『NARUTO』、『ドラゴンボール』、『Bleach』、『デスノート』など日本の人気マンガのiPad向けダウンロード販売が開始した。

ニュース
 11月2日、米国で『ワンピース』、『NARUTO』、『ドラゴンボール』、『Bleach』、『デスノート』など日本の人気マンガのiPad向けダウンロード販売が開始した。販売される作品は、集英社 少年ジャンプの作品を中心に白泉社の『桜蘭高校ホスト部』や『ヴァンパイア騎士』などの少女マンガも含む幅広いタイトルだ。
 日本でもまだ実現していないiPad向けの有力マンガ販売を実現したのは、米国サンフランスコに本社を持つVIZ Mediaである。同社は日本の小学館、集英社、小学館集英社プロダクションの出資による日本マンガ・アニメの翻訳出版社である。現地でマンガ単行本やアニメDVDの発売、キャラクターライセンスの管理を行っている。
 インターネット向けのデジタルコンテンツ配信には、これまでも熱心に取り組んで来た。アニメのネット配信や日本でのマンガ連載とほぼ同時のネット掲載など、様々な試みを行う。そうした流れのなかで今回新たに打ち出したのが、電子マンガのiPad向け販売だ。他社に先駆けた取り組み、人気プラットフォーム iPadの利用でユーザーの囲い込みを目指す。

 配信には、VIZ Mediaが独自に開発したiPad向けのアプリを利用する。無料で配られるこのアプリをインストールするとiPad上で、VIZ Mediaのオンラインストアの利用が可能になる。iPadの特徴を活かした直観的な操作性で、自由に各作品の購入や無料コンテンツのダウンロードが出来る。
 スタート直後の現在は、『ワンピース』、『NARUTO』、『ドラゴンボール』、『Bleach』、『デスノート』、『バクマン。』などの主力タイトルが投入されている。価格は各巻4.99ドル、日本円で400円程度である。日本からはやや高く感じるが、現地単行本のおよそ8ドルの定価からは3割から4割ほど安くなっている。電子版ならのリーズナブル感を打ち出す。
 また、VIZ Mediaは、販売にあたって試読版の無料コンテンツも豊富に揃えるとしている。さらに今後随時作品を追加して行く。米国の出版業界情報のパブリッシャーウィークリ―(Publishers Weekly)によれば、今後追加される作品には、『D. Gray Man』、『るろうに剣心』、『ヴァンパイア騎士』などが含まれる。

 日本に先立って米国で少年ジャンプの有力タイトルがiPad向けの販売始めたのは、現地のマンガ業界を取り巻く事情も影響する。ひとつは、日本では一般的なモバイル向けのマンガ配信があまり利用されてないことだ。今後、スマートフォン向けの配信が拡大するにしても、現状では電子書籍のプラットフォームのほうがより多くのユーザーが見込める。
 さらに重要なのは、米国ではマンガ流通手段が日本より限られているためである。翻訳マンガの販売は大手書店などに限られるが、その店舗の密度は日本より薄い。日本に較べて子ども達が気軽にマンガを購入出来る環境が用意されていない。
 その書店も大手の書籍小売りチェーンがインターネットショップに押され、経営不振に陥っている。そうした書籍小売りチェーンに商品販売のほとんどを依存するにはビジネスリスクが大きい。そこで今回、いち早くiPadに進出したわけだ。

 より手軽な利用と、魅力的な価格で、今後このVIZ Mediaの電子マンガの利用は大きな関心を集めそうだ。しかし、米国で出版社による電子マンガの直接販売は、VIZ Mediaだけでない。
 既にスクウェア・エニックスが別のサービス開始決定を発表している。こちらは自社のネットコミュニティを利用する。また、日本で電子マンガのアグリゲーターとして活躍するビットウェイも、独自のマンガ販売プラットフォームを構築中としている。こうした他社のサービスが、VIZ Mediaのライバルになるかどうかも注目される。

 電子マンガ配信の拡大の障害として懸念されるのが、現在、英語圏で大規模に広がるスキャンレーションと呼ばれる日本マンガを独自に翻訳した違法なマンガファイルの存在である。インターネットを通じて広く利用されるこのネット海賊版は、新しく始まる電子マンガサービスに正面からぶつかる。
 日米のマンガ出版社は、今年6月にネット海賊版のサービスを行うサイトにファイルとリンクの削除を要求している。法的執行も辞さないとした強い姿勢で一時的に違法行為は減少したが、その後、具体的なアクションがなかったことから違法コンテンツは再び勢いを増している。こうしたネット上の海賊版にどう対処するかも今後のビジネスの鍵を握る。

VIZ Media  /http://www.viz.com/
アプリの紹介 /http://www.viz.com/apps/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集