長編劇場CGアニメの原作コンペ 国内外で募集開始 | アニメ!アニメ!

長編劇場CGアニメの原作コンペ 国内外で募集開始

ニュース

StoryCircus.jpg セガサミーグループのCGアニメ製作会社マーザ・アニメーションプラネット(旧セガサミービジュアル)と映画製作会社百米映画社は、長編CGアニメーション映画の原作を募集する「第1回MARZAストーリーサーカス オリジナルストーリーコンペ」を開催する。
 コンテストはCGアニメーションの長編映画の原作に特化したユニークなものだ。また、応募作の中から実際に国内発の本格的なCGアニメーション映画の企画誕生を目指す。ビッグな構想を持つ、新しいコンテストである。

 マーザ・マーザ・アニメーションプラネットは、昨年夏に設立されたセガサミービジュアルを前身とするCGアニメーション スタジオである。日本ではまだ数が多くない3DCGの大型劇場アニメーションの製作を通じて、世界展開を行う。
 同社は「最高の物語を世界中のこどもたちへ」をコンセプトに掲げている。アニメーションの表現手段を通して、世界中の子どもたちに作品を届けるグローバル企業を目指す。

 コンペの開催は、これを実現するためのオリジナルストーリー発掘とグローバルな展開が出来る企画の立ち上げを念頭に置いたものだ。マーザ・アニメーションプラネットは、募集作品を家族やこどもたちに向けたエンターテイメント、そして現代的なテーマや多重文化設定、ポジティブなメッセージを与えられるストーリーなどとしている。
 「MARZAストーリーサーカス オリジナルストーリーコンペ」のもうひとつユニークな特徴は、募集対象を日本だけでなく世界中としていることだ。応募は日本だけでなく海外からも受付け、また日本語と英語の両方で応募可能である。百米映画社が持つ映画ビジネスの国際的なネットワークが活かされる。

 応募は作品のタイトルとシノプシス(概略)をA4用紙3枚以下にまとめ、メールにて送付する。プロ、アマの双方の応募が可能、また応募数の制限はないため、複数作品の送付も可能だ。
 応募は既に始まっており、7月31日(必着)まで受付ける。9月15日に第一次審査の結果を発表、通過者には審査側よりストーリーに対するフィードバックを実施する。応募者はこのフィードバックを反映したストーリーを10ページにまとめ直し提出する。
 さらに入選まで進んだ企画は、映像化に向けて企画開発をスタートする。その際に、オプション契約のほか脚本家契約、ライセンス契約、もしくは企画のバイアウトなどが行われる。ビジネス化を前提としたコンテストとなっている。

MARZA ストーリーサーカス オリジナルストーリーコンペ
/http://www.100meterfilms.com/jp/story_competition/index.html
詳細は上記サイトにて
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集