DCAJ デジタルクリエーターズコンペティション2010公募開始 | アニメ!アニメ!

DCAJ デジタルクリエーターズコンペティション2010公募開始

ニュース

dcajtaf10.jpg 財団法人デジタルコンテンツ協会は、デジタルクリエーターズコンペティション2010の作品募集を開始した。応募の締め切りは9月6日で、授賞式は10月15日を予定している。
 2004年から開始されたこのデジタルクリエーターズコンペティションでは、次代を担うクリエーターの発掘やコンテンツ制作業界での活躍支援に基づき、コンテンツ産業の活性化や国際競争力強化を目的としている。

 前回受賞した作品のいくつかは、他のコンテストや映画祭などでも成果を挙げている。金の翼賞を受賞した植草航氏の『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』は、第15回学生CGコンテスト動画部門では優秀賞となっている。東映アニメーション賞を受賞したひだかしんさく氏の『恋するネズミ』は今年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルにノミネート、ソフトバンク賞を受賞した椙本晃佑氏の『The TV Show』は東京国際アニメフェア2010の第9回東京アニメアワード公募部門で一般・優秀賞などとなってきた。
 一方、植草氏と『奴との遭遇』で銀の翼賞を受賞した澤田裕太郎氏は、クリエイターズワールドに出展した。またひだか氏は、アニメフェア内で受賞式が実施された「第3回高校生アニメフェア『アニメ甲子園2009-2010』のオリジナルアニメーション部門で審査員の1人として参加していた。

 例年、デジタルクリエーターズコンペティションの紹介は東京国際アニメフェアの財団法人デジタルコンテンツ協会ブースでも行っている。ブースでは受賞者や受賞作品以外に、全応募者を対象に選抜したクリエイターフォローアッププログラムでブラッシュアップされた作品も紹介されている。今回は大桃洋祐氏の『輝きの川』などが見られた。
【真狩祐志】

財団法人デジタルコンテンツ協会 /http://www.dcaj.org/

当サイトの関連記事
/デジタルクリエーターズコンペティション2009 贈賞式開催
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集