SKIPシティ 海外でも活躍 ウルトラ映画監督がトークショー | アニメ!アニメ!

SKIPシティ 海外でも活躍 ウルトラ映画監督がトークショー

 「ウルトラSKIP ミュージアム ウルトラマンの世界展vol.2」が開催されているSKIPシティ 映像ミュージアムで、『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE』の坂本浩一監督を招いたトークショーが行われた。  このトークショーは映像ミュージアムの来場者が50万人を

ニュース
ultramantalk3.jpg 「ウルトラSKIP ミュージアム ウルトラマンの世界展vol.2」が開催されているSKIPシティ 映像ミュージアムで、『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE』の坂本浩一監督を招いたトークショーが行われた。
 このトークショーは映像ミュージアムの来場者が50万人を達成した記念に行われたものである。これまでミュージアムでもたびたび取り上げてきた「ウルトラマン」に縁の深い企画「坂本浩一監督、最新ウルトラ映画の魅力を語る!」となった。

 坂本浩一監督は数あるウルトラシリーズ映画の中でも、異色の監督として知られている。高校卒業後に渡米、その後ニュージーランドを拠点に海外作品で活躍する。海外向けの戦隊シリーズである特撮番組『パワーレンジャー』シリーズの撮影など知られている。
 現在は、昨年12月に公開した劇場映画『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE』を、国内初監督作品として手がけ注目を浴びている。

 今回のトークショーの舞台となったのは、同映画の撮影などで使われた、彩の国ビジュアルプラザHDスタジオ。その現場で監督が映画について語るまたとない機会に多くのファンが集まった。監督はCGを駆使して製作された映画制作の裏話や、映画の魅力を熱いトークで語り、終了時間を大きく越えるほどの盛り上がりとなった。
 監督は新しいヒーロー、ウルトラマンゼロを描くうえで、「若くて荒削りなヒーロー、旧世代が出来なかったことを軽々とやってしまうような新鮮な新世代」像を意識したと語り、質疑応答コーナーでは、映像の仕事につきたいという学生を監督が励ます場面も見られた。

 映像ミュージアムで開催されている「ウルトラSKIP ミュージアム ウルトラマンの世界展vol.2」は、4月4日まで引き続き開催される。映画の公開に合わせて、撮影小道具や映画に声の出演をした小泉純一郎元首相などの豪華声優陣の直筆サイン入りの映画台本なども、新たに展示品に加わっている。
 映画も、「109シネマズ川崎」ほか各地の上映館で継続して上映中となっている。企画展と合わせて観るとより面白さも増すだろう。
画像: 坂本浩一監督

SKIPシティ /http://www.skipcity.jp/

        ultramantalk2.jpg
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集