ワンフェス2010[冬]は2月7日開催 幕張メッセ8ホール利用 | アニメ!アニメ!

ワンフェス2010[冬]は2月7日開催 幕張メッセ8ホール利用

 国内最大のガレージキットイベント ワンダーフェスティバルが、「ワンダーフェスティバル2010[冬]」として2月7日で開催される。会場は前回2009[夏]に続く、幕張メッセとなる。巨大な幕張メッセ国際展示場の1ホールから8ホールまでを全てを利用する文字どおりワンダー

ニュース
wonfes2010w.JPG 国内最大のガレージキットイベント ワンダーフェスティバルが、「ワンダーフェスティバル2010[冬]」として2月7日で開催される。会場は前回2009[夏]に続く、幕張メッセとなる。巨大な幕張メッセ国際展示場の1ホールから8ホールまでを全てを利用する文字どおりワンダーなイベントになる。
 主催者のワンダーフェスティバル実行委員会は、当日はおよそ1800のディーラーと44000人の参加者数を見込んでいる。日本のガレキ文化を代表するイベントとして2010年も盛り上がりそうだ。

 ワンダーフェスティバルは、前回から会場を、これまでの東京ビッグサイトから幕張に移している。それと同時に、会場を大幅に拡大、さらに展示場内の動線が広げた。
 これにより会場の環境は飛躍的に向上し、4万3000人もの参加者が混雑を感じさせることなく、イベントに参加することが可能になっている。

 イベントはこれまでどおり、プロ、セミプロ、アマチュアと様々な立場から製作されたガレージキットの展示・販売のほか、企業による出展などで構成する。
 企業出展はガレージキットやフィギュアメーカーはもちろん、ゲームメーカーや食玩メーカーなど幅広い参加が行われる。新作発表や限定販売などがイベントを活気づける。
 また、主要なイベントの中では、もっとも緩やかな規制を取るコスプレも、ガレキとは別の表現の場として注目したいひとつである。

 さらに見逃せないのが、ワンダーフェスティバルがガレージキット文化を盛り上げるため毎回行う「ワンダーショウケース」である。毎回、新進のガレージキット作家を招き、その作品を展示し、新しい才能の可能性を紹介する。
 紹介される作家の豊かな才能は勿論、前回は女性作家が取上げられた様に、その時々の時代やトレンドも反映する企画でもある。ガレキ文化を考えるうえでも興味深いものだ。「ワンダーフェスティバル2010[冬]では3名の作家を取上げる予定だ。
画像: (c)KAIYODO,Mizutama Keinojo 2009

ワンダーフェスティバル2010[冬]
/http://www.kaiyodo.co.jp/wf/index.html

開催期日: 2010年2月7日(日曜日) 10:00~17:00
会場: 幕張メッセ 国際展示場1・2・3・4・5・6・7・8ホール
一般参加料: 税込 2000円(公式ガイドブック付/小学生以下無料)
主催: ワンダーフェスティバル実行委員会
参加 ディーラー数: 約1800ディーラー(プロモーション企業出展含む)
総参加者数: 44000人(目標)
*詳細は上記サイトにてご確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集