第2回みんなのライトノベルコンテスト テーマは瀬戸内 | アニメ!アニメ!

第2回みんなのライトノベルコンテスト テーマは瀬戸内

ニュース

 広島アニメーションシティは、第2回みんなのライトノベルコンテストの作品募集を11月9日より開始する。みんなのライトノベルコンテストは、瀬戸内をモチーフとした作品を対象としている。
 2007年に第1回の募集を行い、受賞8作品は翌年実施されたアニメ制作コンペの題材となった。コンペに募集されたアニメーションの受賞作品は、東京国際アニメフェア2009で発表された。

 今回は宮島と瀬戸内海をテーマとした。募集部門は小説(ライトノベル)部門と随筆(エッセイ)部門の2部門である。
 小説(ライトノベル)部門はファンタジー・ミステリー・恋愛・SFなど、ビジュアルが付くことを意識したエンターテイメント小説、随筆(エッセイ)部門は旅行記やグルメリポートなど、意の趣くままに感想や見聞などをまとめた文章としている。

 応募の締め切りは2月28日となっている。その後のスケジュールは、3月1日から14日まで公式サイトで人気投票、同時に実行委員による1次審査が行われる。
 そして15日から21日まで特別審査員による2次審査、4月に入賞作品の発表および表彰式を予定している。

 同コンテストを主催する広島アニメーションシティは、広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金が運営していた。同基金は、2004年より広島国際アニメーションフェスティバルの開催年に、広島アニメーションビエンナーレを開催するなどの事業を行ってきた。
 しかし、東京国際アニメフェア2009でのアニメ制作コンペ受賞作品発表をもって解散した。このほどリニューアルした広島アニメーションシティは、市民団体に引き継がれることになった。
【真狩祐志】

広島アニメーションシティ /http://www.hac.or.jp/

当サイトの関連記事
/瀬戸内産ライトノベル原作の「アニメ制作コンペ」 入選作品発表
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集