札幌国際短編映画祭 「センコロール」などが受賞 | アニメ!アニメ!

札幌国際短編映画祭 「センコロール」などが受賞

 10月18日、第4回札幌国際短編映画祭が閉幕した。映画祭のコンペティションであるSAPPOROショートフェスト2009のAWARDで宇木敦哉氏の『センコロール』などが受賞した。  宇木氏の『センコロール』が受賞したのは、最優秀北海道作品賞である。地元が札幌である宇木氏に

ニュース
 10月18日、第4回札幌国際短編映画祭が閉幕した。映画祭のコンペティションであるSAPPOROショートフェスト2009のAWARDで宇木敦哉氏の『センコロール』などが受賞した。
 宇木氏の『センコロール』が受賞したのは、最優秀北海道作品賞である。地元が札幌である宇木氏にとってこの上ない受賞であるに違いない。
 『センコロール』は動画革命東京の支援作品で、アニプレックスの配給により8月下旬から東京・大阪で劇場公開された。また先月は、札幌においても劇場公開されていた。そして今月28日にはDVDが
発売となる。

 このほかの国内作品・作者では、最優秀アニメーション賞と最優秀国内作品賞に泉原昭人氏の『赤い森の歌』、フィルムメーカー部門グランプリに横須賀令子氏となっている。
 泉原氏の『赤い森の歌』は、東京国際アニメフェア2009の第8回東京アニメアワード公募部門で一般・優秀賞ともなっている。横須賀氏は、『GAKI 琵琶法師』などの墨絵調のアニメーション作品で知
られている。
【真狩祐志】

札幌国際短編映画祭 /http://sapporoshortfest.jp/

当サイトの関連記事
/第4回札幌国際短編映画祭 オフィシャルセレクション決定
/アニプレックス配給「センコロール」 9月19日より札幌でも上映

第4回札幌国際短編映画祭
「SAPPOROショートフェスト2009」受賞作品一覧


環境賞
 『ラウンド』 カーク・ヘンドリー(イギリス)

子ども審査員賞金賞
 『まいごのペンギン』 フィリップ・ハント(イギリス)

平和賞
 『秘密の学校』 サッシオ・レペイラ・ド・サントス(ブラジル)

CRYPTON Best Sound Award
 『コントロール・マスター』 ラン・レイク(イギリス)

最優秀コンテンポラリー/エクスペリメンタル・ショート賞 
 『死の舞踏』 ペドロ・ピレス(カナダ)

最優秀美術賞
 『ネクストフロア』 デニス・ヴィルヌーブ(カナダ)

最優秀ドキュメンタリー賞 
 『パッセージ』 マリー・ジョゼ・サンピエール(カナダ)

最優秀アニメーション賞
 『赤い森の歌』 泉原昭人(日本)

最優秀ノンダイアログ賞
 『モラナ』 シモン・ボゴイヤビッチ・ナラス(クロアチア)

最優秀ベリーショート賞
 『アトランティック』 コナー・ファーガソン(アイルランド)

最優秀ミニショート賞
 『ムトー』 ブルー(イタリア)

最優秀チルドレン・ショート賞
 『まいごのペンギン』 フィリップ・ハント(イギリス)

最優秀子役賞
 『ロビン』 ハン・オルダーデッセン、ルーベン・フィッシャー(ドイツ)

最優秀学生監督賞
 『八人目の侍』 ジャスティン・アンブロシーノ(アメリカ)

最優秀女優賞
 『早熟』 ラシャード・アーネスト・グリーン(アメリカ)

最優秀男優賞
 『2 バーズ』 ルナー・ルナーソン(アイスランド)

最優秀編集賞
 『死の舞踏』 ペドロ・ピレス(カナダ)

最優秀撮影賞
 『消え行く光』 ティエン・ド(ベトナム)

最優秀脚本賞
 『パラダイスカフェ』 アロンソ・ルイズィパラシオス(メキシコ)

最優秀作曲賞 
 『ヴァーミンツ』 マルク・クレステ(イギリス)

最優秀北海道作品賞
 『センコロール』 宇木敦哉(日本)

最優秀国内作品賞
 『赤い森の歌』 泉原昭人(日本)

最優秀監督賞
 『2 バーズ』 ルナー・ルナーソン(アイスランド)

作品部門グランプリ
 『ヴァーミンツ』 マルク・クレステ(イギリス)

フィルムメーカー部門グランプリ
 横須賀令子
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集