デジタルクリエイターズコンペティション2009 受賞作品発表 | アニメ!アニメ!

デジタルクリエイターズコンペティション2009 受賞作品発表

今年のグランプリに相当する金の翼賞は、植草航氏の『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』に決定した。植草氏の同作は、これまでASK?映像祭2009で西村智弘賞、第1回下北沢映画祭でグランプリ、第5回吉祥寺アニメーション映画祭でぴえろ賞などの賞歴となっている。

ニュース
 10月13日、デジタルコンテンツ協会(DCAJ)はデジタルクリエイターズコンペティション2009の各賞を発表した。
 デジタルクリエイターズコンペティションは、次代を担うクリエイターの発掘やコンテンツ制作業界での活躍支援に基づき、コンテンツ産業の活性化や国際競争力の強化を目的として開催されている。

 今年のグランプリに相当する金の翼賞は、植草航氏の『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』に決定した。植草氏の同作は、これまでASK?映像祭2009で西村智弘賞、第1回下北沢映画祭でグランプリ、第5回吉祥寺アニメーション映画祭でぴえろ賞などの賞歴となっている。
 銀の翼賞には澤田裕太郎氏の『奴との遭遇』が見られる。澤田氏は、2006年に『じゅうじん』で優秀賞を受賞している。澤田氏の『奴との遭遇』は、2009ひめじ国際短編映画祭や第2回したまちコメディ映画祭 in 台東のしたまちコメディ大賞2009でグランプリとなっている実力作だ。

 このほか東映アニメーション賞にひだかしんさく氏の『恋するネズミ』、ソフトバンク賞に椙本晃佑氏の『The TV Show』などとなっている。ひだか氏の同作は、第5回吉祥寺アニメーション映画祭でグランプリなど、椙本氏の同作は、第21回CGアニメコンテストで佳作なども受賞している。
 また、ひだか氏は2005年に『BoNES』で優秀賞を受賞していた。『BoNES』がフォトリアルであったのに対し、『恋するネズミ』がセルタッチであることでも注目されている。

 デジタルクリエイターズコンペティション2009は、第24回デジタルコンテンツグランプリとの併催となっている。贈賞式はデジタルコンテンツエキスポ2009の会期の10月24日に実施される。
【真狩祐志】

当サイトの関連記事
/DCAJ デジタルクリエイターズコンペティションの作品募集
/デジタルコンテンツグランプリに「サマーウォーズ」など決定

デジタルクリエイターズコンペティション2009 受賞結果

金の翼賞
  『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』 植草航
銀の翼賞
  『Black Out』 リュ・ジンホ/ソン・ウン
  『奴との遭遇』 澤田裕太郎
優秀賞
  『彼女のきのこは僕が食べるの』 堀康史
  『BIRTH』 パク・キ・ワン
  『SHUIBAINU』 浜口泰昭
韓国コンテンツ振興院長賞
  『Entering The Mind Through The Mouth』 チェ・ジンソン
東映アニメーション賞
  『恋するネズミ』 ひだかしんさく
ソフトバンク賞
  『The TV Show』 椙本晃佑
ケベックアニメ賞
  『Tjukrpa』 グエンダル・クルーラー
審査員特別賞
  『View』 リー・ナユン
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集