ハリウッド流CGアニメのワークショップ DC EXPOで開催 | アニメ!アニメ!

ハリウッド流CGアニメのワークショップ DC EXPOで開催

ニュース

 10月22日から25日まで、デジタルコンテンツの最先端の作品と技術、動向を紹介する大型イベントデジタルコンテンツエキスポ(DIGITAL CONTENT EXPO)2009が東京・お台場地区で開催される。 
 魅力的な企画が盛りだくさんのDC EXPOだが、CGアニメーション、そして人材育成も主要なテーマだ。その中で昨年、大好評を博したワークショップが今年も開催される。「Animation Master Class in Japan」である。

 「Animation Master Class in Japan」の講師となるのは、ハリウッドの数々のスタジオで劇場アニメーションに従事してきたKyle Balda氏である。同氏は、ピクサーやILM、そしてWetaデジタルスタジオ等の名だたるスタジオで多くの実績を築いてきた。『マーズアタック』、『ジュマンジ』のスーパーバイザー、『トイ・ストーリー2』ではディレクターを務めた。
 今回のワークショップでは、10月23日と24日の2日間、トータルで十数時間にも及ぶ時間を取り、アニメーションの原理と動きについて集中的に講義する。昨年は1日のみのワークショップであったが、参加者のニーズの大きさから講義時間を大幅に拡大し、より深く掘り下げる。

 現在、日本でも数多くのCGアニメーションのワークショップが設けられている。しかし、「Animation Master Class in Japan」の特長は、現在、CGアニメーションの中心となっているハリウッドのトップクラスの教育が日本にいながらそのまま受講出来る点である。
 グローバルスタイルのCGアニメーションの考え方を知りたい専門家だけでなく、日本のCGアニメーションとハリウッドのスタイルや考え方、制作の進め方の違いを知るのにも有効だろう。

 受講には教材費3万円がかかるが、昨年の講座は短期間で埋まっている。今年もかなりの人気が予想される。このため主催者は、応募者多数の場合、抽選により受講者を決定するとしている。定員は80名、DC EXPOの公式サイトにて事前予約を受付けている。

Digital Content Expo2009
「Animation Master Class in Japan」


日時: 10月23日(金)~24日(土) 10時~17時
場所: 東京国際交流館 メディアホール
教材費: 30000円
Kyle Balda HP /http://www.kylebalda.com/
申込: /http://www.dcexpo.jp/symposium/workshop.html

【カリキュラム】
 1.基礎
 1-1.アニメーションにおける基礎概念
 1-2.これまでのアニメーション原理の再考
 1-3.グラフエディタ

 2.キャラクターの身体的特徴の認識
 2-1.運動学とキャラクターセットアップ
 2-2.物理学に基づいたアニメーション:体の内側から
 2-3.歩行周期
 2-4.歩行周期のデモ

 3.キャラクターの動作・しぐさ
 3-1.キャラクターが何を考え、何を感じているか(ストーリーの筋書きを研究する)
 3-2.会話や言動の背後に隠された意味
 3-3.リップシンク
 3-4.演技に基づいたアニメーションへのアプローチ:ポーズからポーズ
 3-5.演出
 3-6.総括デモ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集