アニメと原作をテーマに1日講座 氷川竜介さんが講演 | アニメ!アニメ!

アニメと原作をテーマに1日講座 氷川竜介さんが講演

ニュース

 アニメ評論家の氷川竜介さんが、アニメ作品とその原作について語る。10月4日に日本橋三越のカルチャーサロンに登場する1日講座「大人のアニメ学  アニメと原作の差」で、アニメ作品の中でしばしば重要な位置を占める原作をテーマに取上げる。
 講座の紹介では、「はたして「原作に忠実なアニメ化」とは可能なものなのでしょうか?」と問いかける。そして、「実時間の流れをもつアニメと「原作」のメディア、特質の差を探求し、あらためてアニメという表現様式を浮き彫りにします」とし、原作との関係を通じてアニメに対する考え方も提示する。

 アニメファンであれば、テレビ、映画を問わずアニメ作品は、その制作に先立ってマンガや小説、ゲームなどの原作を持つことが圧倒的に多いことを知っているに違いない。
 そして、アニメ化する際に「原作どおりに」といったフレーズはしばし用いられる。さらに「原作を破壊した」との批判も少なくない。しかし、実際にアニメと原作の表現方法の違いや表現メディアが変わることで何が可能なのか、十分検討されて来なかった。

 今回はそうした問題を、当代きっての評論家氷川竜介さんが正面から取り組むだけに聴き逃せないものである。
 氷川竜介さんは自身のブログ「氷川竜介ブログ」にて、講座の紹介にあたり「「原作に忠実なアニメ化」ということが、やや軽々しく語られているように思います」、「アニメがもし他のメディアと互換可能なものであったら、そもそもアニメ化する必要はないですし、「アニメ特有の感動」もありえません」と述べている。その紹介文の熱さからも、講座の内容に期待していいだろう。

 これまでも三越のカルチャーサロンでは、氷川竜介さんによる連続講座などを行っている。しかし、今回は1日講座となる。入会金も不要の参加しやすいかたちだ。時間は10月4日の14時半から16時半までの2時間、受講料は税込み3150円となる。 

三越カルチャーサロン
大人のアニメ学 「アニメと原作の差」
/http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/culture/lesson_oneday3.html

氷川竜介ブログ /http://hikawa.cocolog-nifty.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集