米国アニメエキスポ運営団体 CEO発表 半年ぶりの新トップ | アニメ!アニメ!

米国アニメエキスポ運営団体 CEO発表 半年ぶりの新トップ

ニュース 海外

 北米最大のアニメ・マンガイベント アニメエキスポ(Anime Expo)を運営する日本アニメーション振興会(The Society for the Promotion of Japanese Animation:SPJA)は、9月8日に新しい代表兼CEOの発表を行った。
 新たにマイケル・ラッタンツィオ氏が両職を兼任し、SPJAを通じてアニメエキスポの運営を統括する。

 マイケル・ラッタンツィオ氏は、これまで主にユニバーサル・スタジオやユニバーサル・スタジオ・ジャパ、NBCユニバーサルなどのエンタテイメント業界でキャリアを築いてきた。同氏は大学でビジネスマネジメントを選択し、エグゼクティブMBAを保有するという。
 これまでSPJAのトップは、アニメエキスポやSPJAの活動を初期から支えてきたボランティアスタッフ出身者が多かった。しかし、今回は設立17年で初めて、外部からエンタテイメントビジネスの専門家を代表として招くことになる。これは巨大化する組織とその組織を代表して外部を折衝するにあたり、より専門的な知識が求められていることを反映しているのかもしれない。

 SPJAの代表は、今年3月に前任者のトゥルーリー・カラハシ氏が事実上解任されて以来不在となっていた。今回の決定でSPJAは、今年3月以来およそ半年振りに新たな代表、CEOが決まったことになる。
 今後は、来年2010年のアニメエキスポ開催に向けて、機動的に対応することが可能になるだろう。北米では、現在、日本アニメビジネスの景気後退が顕著になっている。アニメエキスポでも関連企業の出展が減少している。こうしたなかラッタンツィオ氏の経営手腕が問われることになりそうだ。

アニメエキスポ(Anime Expo) /http://www.anime-expo.org/jp
日本アニメーション振興会
(The Society for the Promotion of Japanese Animation:SPJA)
/http://www.spja.org/

当サイトの関連記事
/米国アニメエキスポ主催団体SPJA CEOが途中辞任
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集