「遊戯王」カードが225億枚に アニメ10周年プロジェクトも始動 | アニメ!アニメ!

「遊戯王」カードが225億枚に アニメ10周年プロジェクトも始動

ニュース

 世界的に人気の高いトレーディングカードゲーム『遊戯王』の世界累計販売枚数が、2009年4月末に225億8770万枚に達し、世界で最も売れたトレーディングカードゲームとなった。発売元のコナミが明らかにした。7月7日、ギネスブックで知られるギネス・ワールド・レコードに世界記録として認定を受けた。
 コナミは2006年にも、『遊戯王』カードのギネス・ワールド・レコードでへの申請を行っている。その際には2006年4月末現在で累計販売枚数は158億8000万枚としていた。短期間でさらに記録を伸ばしたことになる。

 『遊戯王』トレーディングカードゲームは、高橋和希さんが1996年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載した人気マンガを原作としている。マンガ、カードゲーム以外に、オンランゲームやアニメでも人気を集めている。現在アニメ作品は、『遊戯王5D's』がテレビ東京系で放映されている。
 日本国内だけでなく欧米でも大きな人気を博しており、コナミは2009年から両地域でも直接販売に乗り出している。また、毎年、カードゲームとゲームソフトの世界大会が開催されており、今年は日本で開催を予定している。

 さらにコナミは、今年4月に『遊戯王』シリーズのアニメ放送が10周年となったことを記念したプロジェクトの開始も明らかにした。
 このプロジェクトでは、『遊戯王』アニメシリーズの3人の主役 武藤遊戯(『遊戯王デュエルモンスターズ』)、遊城十代(『デュエルモンスターズGX』)、不動遊星(『遊戯王5D's』)が勢揃いした記念映像が制作される。
 全国で上映のためのイベントが開催される。記念プロジェクトの詳細、制作スタッフ、キャストについては、今後、週刊少年ジャンプ、Vジャンプ、アニメ10周年サイトにて随時発表を行う。

コナミ /http://www.konami.co.jp/

『遊戯王』アニメ10周年サイト /http://www.yugioh10th.com
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集