講談社 コミック新人賞、アシスタント募集の全情報ウェブで統合 | アニメ!アニメ!

講談社 コミック新人賞、アシスタント募集の全情報ウェブで統合

ニュース

 講談社は8月7日から、同社が発行する全てのマンガ誌の新人賞募集とアシスタント募集情報をウェブ上で統合的に掲載するサービスを開始した。
 情報は講談社コミックスの公式ポータルサイトである講談社コミックプラスの中に「講談社コミック新人賞Web告知・投稿サービス」として設けられる。サイトでは新人賞やマンガ家アシスタントの募集告知だけでなく、ウェブから作品を投稿をすることも出来る。ウェブサイトを通じて、情報収集から応募、さらにプロへの道までつながる総合的なサービス提供する。

 講談社は国内最大の出版社ということもあり、マンガ出版でも巨大な存在である。男性マンガ誌と女性マンガ誌合わせて十数種類もの出版を行っている。その中には「週刊少年マガジン」、「モーニグ」、「アフタヌーン」、「なかよし」などのメジャー誌が含まれる。
 こうした雑誌の多くは個別に新人賞を募集しているが、これまではバラバラに展開しており、マンガ家を目指す人達にとってやや不便なかたちとなっていた。今回はこれらの情報を統合することで、一括して確認出来る様になる。

 また郵送、持ち込みなどのみで受け付けていた原稿をウェブからも投稿出来るようにすることは、同社の新人発掘の競争力強化になりそうだ。これまでにもネットの投稿を受け付けることは、一部の出版社・雑誌で見られたが、出版社単位で統合的サービスを行うのは今回が初めてとなる。
 講談社はウェブ経由で送られた作品は、投稿者が指定した賞の担当編集部がダウンロードし、郵送や持ち込みなどの作品と同様に選考するとしている。ウェブを通じてより多くの才能が集まってくることを目指す。

 講談社は今回のサービススタートを記念して、プレゼントキャンペーンも実施する。「新人賞/アシスタント募集WEB投稿機能」を利用した投稿者に抽選でセルシスやワコムのデジタル作画ツールをプレゼントする。キャンペーンは2009年10月31日まで行われる。
 キャンペーンの実施からも、講談社が今回のサービス導入に大きな力を入れていることが伺える。

講談社コミックプラス /http://kc.kodansha.co.jp/
講談社コミック新人賞Web告知・投稿サービス
/http://kc.kodansha.co.jp/newcomer/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集