ディズニーの3DCG短編「ファイアボール」がDVDに 8月19日発売 | アニメ!アニメ!

ディズニーの3DCG短編「ファイアボール」がDVDに 8月19日発売

ニュース

 ウォルト・ディズニー・ジャパンが独自制作した3DCG短編『ファイアボール』のDVDが8月19日に発売される。
 『ファイアボール』は、東映アニメーションと共同制作した『ロボディーズ 風雲篇』、マッドハウス制作の『スティッチ!』と並び、昨年の東京国際アニメフェア2008で初披露された。ウォルト・ディズニー・ジャパンが昨年から力を入れる、日本で日本向けに製作する作品のひとつである。

 この『ファイアボール』は、フリューゲル公爵の娘である主人公・ドロッセルと執事・ゲデヒトニスという2体のロボットによるテンポのよい掛け合いが特徴的な、各話2分程度のショートコメディである。また、屋敷の概観がピーテル・ブリューゲル作の著名な絵画「バベルの塔」を模していることなどの設定や、ドロッセルとゲデヒトニスとの会話の節々から垣間見えるパロディの数々が、見る者の好奇心をくすぐる。
 『ファイアボール』の本放送は、昨年4月よりディズニー・チャンネルとTOKYO MXで行われたほか、アニメNewtypeチャンネルやYouTubeの角川アニメチャンネルなどでも配信された。

 それから1年。着実にファンを掴み、figmaとねんどろいどのドロッセルフィギュアの発売も発表された。figmaは6月、ねんどろいどの発売は未定となっている。ディズニー・チャンネルでは現在も再放送が行われており、公式サイトでは第7話の視聴が可能である。
 『ファイアボール』のDVDは数量限定で、特典としてゲデヒトニスのペーパークラフトと、劇中後半に登場する猿のプラモデルがついてくる。
【真狩祐志】

ファイアボール /http://fireball.tv/

当サイトの関連記事
/ディズニー 日本で独自アニメ制作 アニメフェアで映像公開
/ディズニーの日本製作アニメ「ファイアボール」放映日決定
/「ファイアボール」公式サイト 国際的なマーケティング賞を受賞

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集