セルシス 3Dデータ利用可能な「ILLUST STUDIO」5月29日発売 | アニメ!アニメ!

セルシス 3Dデータ利用可能な「ILLUST STUDIO」5月29日発売

ニュース

 セルシスは、新規に開発したイラスト制作ツール「ILLUST STUDIO」のパッケージ版を5月29日に発売する。STUDIOの名のついた製品は、2001年から販売しているマンガ制作ツール「COMIC STUDIO」、昨年末にRETAS! PROを大幅値下げしたアニメーション制作ツール「RETAS STUDIO」に次ぐものとなる。
 この「ILLUST STUDIO」パッケージ版の希望小売価格は7980円となっている。これに先がけ4月24日よりダウンロード版の発売も開始しており、こちらは5980円である。

 イラスト制作ツールとしては、アドビの「Photoshop」やコーレルの「Painter」、そしてSYSTEMAXの「ペイントツールSAI」などが広く使用されている。
 セルシスが新規に「ILLUST STUDIO」を発売することになったのは、急速に成長したイラストSNS「Pixiv」の存在も無視出来なくなったことも理由に挙げられるだろう。
 この「ILLUST STUDIO」が持つ特徴的な機能の1つに、3Dデータが数点プリセットされている点がある。そして「COMIC STUDIO」と同様に、LightWave、Shade、Metasequoiaなどで制作した3Dデータのインポートも可能となっている。3Dデータをデッサンモデルとして使用することにより、苦手な構図の克服や、描画に立体感を持たせるという使い方が可能になる。この点は、アドビの「Photoshop Extended」にも似ている。

        celsys2.jpg

 セルシスは3月18日から21日まで開催された東京国際アニメフェア2009では、「RETAS STUDIO」に注力したブース展示となっていた。
 また、3月29日には「デジタルイラストフェスタ」を開催し、ペンタブレットの「Intuos4」を発売したワコムと共同で「ILLUST STUDIO」のデモンストレーションを行った。一方、コーレルも最新バージョンとなる「PAINTER 11」を5月22日に発売する。
【真狩祐志】

セルシス /http://www.celsys.co.jp/

当サイトの関連記事
/セルシス 個人クリエイターをターゲット「RETAS STUDIO」を発売
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集