Shockwave AWARD 2008受賞作発表 POEYAMA氏作品等 | アニメ!アニメ!

Shockwave AWARD 2008受賞作発表 POEYAMA氏作品等

 12月17日、ショックウェーブエンターテインメントは同社が開催するコンテスト「Shockwave AWARD 2008」の各賞を発表した。  グランプリは該当作品なしとなったが、各部門から選出される優秀賞には、アニメ部門にPOEYAMA氏の『quino episode I 2008 edition』が見られ

ニュース
 12月17日、ショックウェーブエンターテインメントは同社が開催するコンテスト「Shockwave AWARD 2008」の各賞を発表した。
 グランプリは該当作品なしとなったが、各部門から選出される優秀賞には、アニメ部門にPOEYAMA氏の『quino episode I 2008 edition』が見られる。

 POEYAMA氏の『quino episode I 2008 edition』は2001年に制作された同名作品の別バージョンで、ゲーム部門にノミネートされていた『The Adventure of quino』の制作と合わせて再編集されたものである。
 POEYAMA氏は、2002年に発表された続編の『quino episode II』では、第14回CGアニメコンテストで作品賞を受賞している。一方で『ゴノレゴシリーズ』の作者としても知られており、2006年に行われた文化庁メディア芸術祭10周年企画「日本のメディア芸術100選」でエンターテインメント部門に選出されて
いる。
 集英社の仕事などを行っている。最近では週刊少年ジャンプの人気マンガ『BLEACH』を基にソニー・コンピューターエンターテインメントから発売されたPSP用のゲーム『BLEACH ~ソウルカーニバル~』内のイベントムービーを制作した。

 「Shockwave AWARD」は同サイトがスタートした2000年より毎年行われてきたものである。しかし、来年1月31日のサービス終了に伴い今回が最後となる。
 唯一サービス終了が未定となっている「55shock!」には、今回審査員でもあった高橋名人が所属するハドソンの人気ゲーム『ボンバーマンオンラインJapan』も含まれている。8月下旬から開始されたばかりで、しかもShockwaveのみで提供されていたサービスだっただけに、現在はそちらの今後が注目される。
【真狩祐志】

Shockwave Award 2008 /http://jp.shockwave.com/award2008/
Shockwave /http://jp.shockwave.com/
Shockwaveサービス終了のお知らせ
/http://jp.shockwave.com/news/news.html?p=sw0010069

当サイトの関連記事
/高橋名人も審査員「Shockwave AWARD 2008」最終選考作品発表
/Shockwave日本法人 来年1月31日でサービス終了を発表

Shockwave AWARD 2008 グランプリ・各賞

■グランプリ
 該当作品なし

■優秀賞
 ゲーム部門 
 『ドランキンキャッチャー』 Yadiweb
 アニメ部門 
 『quino episode I 2008 edition』 POEYAMA
 モバイル部門
 『ひらめけ!コロコロジック』 ボトルキューブ
 アカデミック部門
 『まっぷた』 中心蔵 

■フロム・ソフトウェア特別賞
 『ドランキンキャッチャー』 Yadiweb
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集