第14回学生CGコンテスト受賞作決定 2月4日から作品展 | アニメ!アニメ!

第14回学生CGコンテスト受賞作決定 2月4日から作品展

ニュース

 11月20日、第14回学生CGコンテストの各受賞作品が発表された。CG-ARTS協会の主催により1995年から毎年開催されている学生CGコンテストでは、斬新なアイデアとチャレンジ精神に溢れた作品を募集し、若い才能の発掘と作品発表の場を提供することを目的としている。
 応募された静止画部門およびインタラクティブ部門を含む1017作品のうち、動画部門の応募総数は328作品であった。そして、最終ノミネート19作品のなかから各賞が決定した。

 最優秀賞は横田将士氏の『記憶全景』となった。横田氏は撮影した静止画を繋いでいくストップモーションの手法で制作しており、『いくえみの残像』などでも高い評価を得てきた。
 優秀賞には、デジタルクリエイターズコンペティション2008で金の翼賞だった岡本憲昭氏の『ALGOL』、前作の『ウシニチ』で第11回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門奨励賞を受賞している一瀬皓コ氏の『ハピー』の2作品が選ばれた。

 また佳作は、山口翔氏の『trip』、石上裕規氏らの『印鑑検査工場』、竹内良貴氏の『まよなかのいちご』など5作品となった。昨年『Paper Play』で最終ノミネートに残っていた山口氏の『trip』は、デジタルクリエイターズコンペティション2008でソフトバンク賞などの受賞歴がある。
 石上氏らの『印鑑検査工場』は、同じくデジタルクリエイターズコンペティション2008で銀の翼賞だった。
そして竹内氏の『まよなかのいちご』は、第12回広島国際アニメーションフェスティバルにノミネートされていた作品である。竹内氏は新海誠監督の劇場映画『秒速5センチメートル』などにも制作参加している。
 一方、特別賞は今回動画部門から選出され、烏田晴奈氏の『ケータイ狂想曲』が選ばれている。烏田氏は前回『Stomachache Bee』で佳作を受賞していた。

 受賞作品展は来年2月4日から2月15日まで国立新美術館にて行われる。例年通り第12回文化庁メディア芸術祭と同時開催となっている。
【真狩祐志】

第14回学生CGコンテスト /http://www.cgarts.or.jp/scg/2008/

当サイトの関連記事
/学生CGコンテスト 今年のノミネート作品発表

【第14回学生CGコンテスト 受賞作品(動画部門)】

最優秀賞
  『記憶全景』  横田将士
優秀賞
  『ALGOL』  岡本憲昭
  『ハピー』  一瀬皓コ
佳作
  『trip』  山口翔
  umbrella』  寺園聖市
  『印鑑検査工場』  代表:石上裕規
  『はじまりはまつ毛の先から』  乗田朋子
  『まよなかのいちご』  竹内良貴

特別賞
  『ケータイ狂想曲』  烏田晴奈
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集