「攻殻機動隊2.0」 13年ぶり一新されたサウンドCDが 12月17日発売 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊2.0」 13年ぶり一新されたサウンドCDが 12月17日発売

ニュース

2.001.jpg 今年7月に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が、13年ぶりに新たなバージョン『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 2.0』へと進化し、劇場公開をされると大きな話題を呼んだ。
 新作3DCGカットやデジタルエフェクトが導入し、13年前に世界のSFファンを驚かせた攻殻の映像が、現代のデジタル技術を駆使した最新映像として現れた。2008年7月の全国5都市7館での公開は、数多くのファンが劇場を訪れて大ヒットを記録した。

 この『2.0』のオリジナルサウンドトラックが、12月17日に発売される。作曲はオリジナルと同じ川井憲次さん、映像と同様に最新技術でリニューアルされたサウンドの世界が繰り広げられる。
 今回の『2.0』では全編に亘り新規にアフレコを行い、米国・スカイウォーカーサウンドで、最新のデジタル5.1chのサラウンドに再構築された。音楽でも新たにコーラスや弦をオーバーダビングしたうえで全曲、5.1ch用にリミックスするなど聴き所がパワーアップしている。

kawai_kenji.jpg 今回のCDでは川井憲次さんの全面監修により、新たなエンジニアリングを行い、5.1ch用に追加録音された楽曲を収録する。新たなミックス、新たなマスタリング作業を、川井憲次さん指名のエンジニアで行う、川井憲次さん全面監修の元で誕生した「攻殻機動隊」2.0Version のサウンドトラックである。
 この新しい音楽について、作曲者の川井憲次さんは、「13年前は、まさかこの"攻殻機動隊"のサウンドトラックをリメイクするとは思ってもいませんでした。ただ、音楽の構造はもちろん、印象が変わらないようにリメイクいたしました。このたび、この作品が再び皆さんに聴いていただけることを本当に嬉しく思います」と語る。
 映画と同様音楽の本質を変えることなく挑戦したリメイクの作業に対する思いが込められているようだ。

 CDは初回生産限定版と通常版の2種類。初回生産限定盤「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 ORIGINAL SOUNDTRACK Limited Edition」は、豪華BOX仕様で税込4515円。オリジナル・ミュージック・トレーラーを収録したBlu-rayディスクやオリジナル盤制作時のマルチトラックシートを収録したブックレット、川井憲次インタビュー・ブックレットなどがつく。通常版は税込2940円、いずれも発売・販売はMG JAPANである。

2.002.jpgGHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 2.0
ORIGINAL SOUNDTRACK 
12月17日発売
発売元・販売元: BMG JAPAN

【初回生産限定盤】GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 
ORIGINAL SOUNDTRACK Limited Edition
4515円(税込)

■高音質CD=SHM CD仕様
■GHOST IN THE SHELL/攻殻機動 2.0 の映像による、オリジナル・ミュージック・トレーラーを収録したBlu-rayディスク付き
楽曲:謡-Reincarnation 2.0 Ver.
■オリジナル盤制作時のマルチトラックシートを収録したブックレット付き
■川井憲次インタビュー・ブックレット付き
■上記アイテムを収納した豪華BOX仕様

通常盤
2940円(税込)
通常CD仕様(収録曲は初回生産限定盤と同様)
歌詞カードに川井憲次インタビュー収録(内容は初回生産限定盤と同様)

【収録曲】
1 謡1 – Making of Cyborg(2.0 Ver.)
2 Ghosthack(2.0 Ver.)
3 Puppetmaster(2.0 Ver.)
4 Virtual Crime(2.0 Ver.)
5 謡 - Ghost City(2.0 Ver.)
6 Access(2.0 Ver.)
7 Nightstalker(2.0 Ver.)
8 Floating Museum(2.0 Ver.)
9 Ghostdive(2.0 Ver.)
10 謡 - Reincarnation(2.0 Ver.)
11 毎天見一見!(2.0 Ver.) 歌=FANG KA WING
12 Bonus Track 攻殻機動隊予告BGM (2.0 Ver.)
収録順未定
                                  (c)1995・2008士郎正宗/
                講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集