ジブリデザイン 小金井市のイメージキャラは「こきんちゃん」 | アニメ!アニメ!

ジブリデザイン 小金井市のイメージキャラは「こきんちゃん」

 東京都小金井市は、同市に本社を持つアニメスタジオ スタジオジブリにデザインを依頼した市のイメージキャラクターの愛称を「こきんちゃん」とすることを決定した。  この愛称は小金井市民だけでなく、全国から募集を行い、応募された中から選考が行われた。応募総数

ニュース
 東京都小金井市は、同市に本社を持つアニメスタジオ スタジオジブリにデザインを依頼した市のイメージキャラクターの愛称を「こきんちゃん」とすることを決定した。
 この愛称は小金井市民だけでなく、全国から募集を行い、応募された中から選考が行われた。応募総数は3807通、うち小金井市民からの応募は1919通であった。
 小金井市は今回選ばれた愛称の応募者は複数いたため、最優秀賞と優秀賞の受賞者は抽選に選んだとしている。

 「こきんちゃん」は、スタジオジブリで多くのアニメ作品を生み出してきた宮崎駿さんがデザインをした。宮崎さんはキャラクターと共に、小金井市に「子どもが元気な町が発展するんです」とのメッセージも寄せている。
 キャラクターは8月20日に、スタジオジブリから小金井市に引き渡されていたが、これまで名前がなかった。今回の愛称決定で、キャラクターの認知度もますますあがるだろう。

 小金井市は今回の選考理由は特に公表していないが、「こきんちゃん」の「こきん」が小金井市の「小金」に合わせたものであることは間違いないだろう。
 キャラクターのデザインも「金」の文字を大きくあしらった前掛けをつけた男の子で、名前とキャラクターデザインの双方で小金井市をアピールする。小金井市は、今後は「こきんちゃん」を市のPRなどで広く活用する方針である。

 近年、地方自治体や行政イベントで、アニメ風のデザインを採用したイメージキャラクターを採用する例が増えている。国宝・彦根城築城400年祭の「ひこにゃん」や、杉並区の「なみすけ」など、既に高い知名度と人気を持つキャラクターも多い。
 今回は、国民的な人気を誇る劇場アニメを次々に生み出すジブリのデザインということで注目度も高い。今後の人気の広がりも注目だ。

小金井市ホームページ /http://www.city.koganei.lg.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集