バイオハザード ディジェネレーション 主題歌に土屋アンナ | アニメ!アニメ!

バイオハザード ディジェネレーション 主題歌に土屋アンナ

 10月10日、世界最大級のゲームイベント東京ゲームショウ2008の会場で、10月18日より2週間限定世界先行公開される『バイオハザード ディジェネレーション』の記者発表会が行われた。  映画は東京ゲームショウでも新作『バイオハザード5』が発表され注目を浴びた世界

イベント・レポート
注目記事
miss.tuchiya.JPG 10月10日、世界最大級のゲームイベント東京ゲームショウ2008の会場で、10月18日より2週間限定世界先行公開される『バイオハザード ディジェネレーション』の記者発表会が行われた。
 映画は東京ゲームショウでも新作『バイオハザード5』が発表され注目を浴びた世界的人気ゲームソフト『バイオハザード』シリーズを原作としている。作品の記者会見は、この夏米国サンディエゴのコミコンでの開催に続くものだが、多数のメディアが集まり作品に対する高い期待を感じさせた。

 記者会見で挨拶にたったのは神谷誠監督とカプコンのプロデューサー小林裕幸さんである。そして、今回スペシャルゲストとして土屋アンナさんが現れた。
 実はアンナさんは、この『バイオハザード ディジェネレーション』シリーズのエンディングテーマ『GUILITY』を担当する。今回の記者会見で、初めて明らかにされた。ワールドワイドな展開を目指す作品に相応しく、アンナさんが全編英語のパワフルなサウンドで世界観を謳いあげる。

 作品について神谷監督は、これまでCGアニメーション映画はいろいろと作られてきた。しかし、その多くはマンガ的なもので、リアル系のCGはほとんど作られていなかった。今回は、技術的なプレッシャーもあったが、アメリカ人の役者を使い、アメリカから見ても満足いく作品にした。自信を持って薦められると映画の完成度に自信をみせた。
 そして、最初から世界に向けて発信するつもりで作っている。アニメーションとゲームは世界に入って生きやすいので、これを突破口に日本の映像を海外に持っていけるようにしたいと、この作品で世界を目指していると語った。

       baio2.JPG

 これまでゲームソフトのシリーズを手掛けてきた小林プロデューサーも、映画はこれまでのゲームファンは勿論、『バイオハザード』を知らない人にも楽しめる作品と幅広い顧客を想定している。
 また、今回エンディングテーマにアンナさんが参加することに、アンナさんはとても大好きなうえ、力強いエンディングが作品にはまっていると、その出来にかなり満足しているようだ。

 ワイルドな装いで登場したアンナさんは、これに対して自分がとても好きな映画、ぴったりあったものでとても選びやすく、歌い易かったと、こちらも作品にはまった様子であった。歌うのに心がけたことは、「ダークな中にある美」、ハードな中にある美しさを表現したかったということである。
 さらに映画については、「怖いと言うよりも格好良くドキドキという感じ、とにかく面白い」と、「さらに最後のクレアの髪の揺れるシーンが繊細で驚いた」との指摘で、映像の素晴らしさにも触れた。

 また記者会見の後には、幕張メッセ内の特設ステージで『バイオハザード ディジェネレーション』のワールドプレミア試写会が行われた。
 初めて全貌を明らかにしたその映像に驚きの声があがった。また、スリルとアクション、エンタテイメント満載のストーリーに、多くの参加者から高い評価の声があがった。

バイオハザード ディジェネレーション 公式サイト
/http://www.biohazardcg.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集