第4回吉祥寺アニメーション映画祭 ノミネート作品を発表 | アニメ!アニメ!

第4回吉祥寺アニメーション映画祭 ノミネート作品を発表

ニュース

 10月11日に開催される第4回吉祥寺アニメーション映画祭のノミネート作品が発表された。吉祥寺アニメーション映画祭は、現在開催中の吉祥寺アニメワンダーランドの1イベントとして2005年から開始された。一般からの公募によるコンテスト形式で行われるもので、作品上映当日にグランプリ各賞が決定する。
 作品の選考には、編集家の竹熊健太郎氏、アニメ評論家の氷川竜介氏、アニメーション史研究家の津堅信之氏らが当たるところが特徴的である。また、吉祥寺に本社を持つスタジオ4やコアミックスも審査に加わっているほか、今年はアニメスタジオのスタジオディーン、ぴえろ、三鷹の森ジブリ美術館も新たに加わった。

 ノミネート作品の一般部門には、今年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルにノミネートなどしてきた水江未来氏の『DEVOUR DINNER』や第6回インディーズアニメフェスタでグランプリ<三鷹賞>を受賞した岩井澤健治氏の『福来町、トンネル路地の男』ほか13作品が選ばれている。
 13作品のなかには、東京国際アニメフェア2008の第7回東京アニメアワードの公募部門受賞作品も含まれている。TOKYO MX賞を受賞していた仁藤潤氏の『JIRO AND MIU』もある。また『雲の人 雨の人』で入選していた上甲トモヨシ氏の新作『BUILDINGS』もある。

 一方ギャグアニメ部門には、東京国際アニメフェア2008のクリエーターズワールドに参加していた一瀬皓コ氏の『みなごろし』ほか7作品が選ばれている。
 このほか第4回吉祥寺アニメーション映画祭では、例年通りノミネート作品の上映前に第7回東京アニメアワード公募部門受賞作品の上映も行われる。
【真狩祐志】

吉祥寺アニメーション映画祭 /http://www.kichifes.jp/animation/

当サイトの関連記事
/吉祥寺アニメーション映画祭今年も開催10月11日に 作品募集も開始
/今年で10年目 吉祥寺アニメワンダーランド 10/4~10/13開催

第4回吉祥寺アニメーション映画祭 ノミネート作品一覧

【一般部門】
  『シェルター』  倉田愛美
  『DEVOUR DINNER』  水江未来
  『BUILDINGS』  上甲トモヨシ
  『Shift』  八木智子
  『ブッチ』  にじたろう
  『JIRO AND MIU』  仁藤潤
  『ぼくのママ』  奥野史恵
  『福来町、トンネル路地の男』  岩井澤健治
  『テユベスクの歌』  安藤郁弥
  『コンテナコスモス』  橋本瑛子
  『モリノコ』  稲葉大樹
  『キリのいる風景』  濱村敏郎
  『LAND LADY』  Woodpecker

【ギャグアニメ部門】
  『ねこまんま』  石永憲史
  『みなごろし』  一瀬皓コ
  『うさむくん』  にじたろう
  『スイートミーツ』  倉田千里
  『OT'S おっさんとその他 第1話/第3話』  中川悠
  『ロザリオにおねげっChu!』  伊勢田勝行
  『クレイジー・クレイ・レスリング』  長尾武奈
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集