ロシアの人形アニメーション「チェブラーシカ」 快調スタート | アニメ!アニメ!

ロシアの人形アニメーション「チェブラーシカ」 快調スタート

ニュース

 7月19日から、全国8館で公開が始まったロシアの人形アニメーション『チェブラーシカ』が初日好調なスタートを切った。メイン館の渋谷・シネマアンジェリカや関西のテアトル梅田では、午前中に当日分が完売になったほか、川崎、新浦安、銀座でもほぼ満席となった。
 実は『チェブラーシカ』は、2001年7月に日本初公開されている。今回は、完全版としてのリバイバル上映だが、リバイバル、海外の人形アニメーションとしては異例の大ヒットスタートとなった。

 『チェブラーシカ』は、同日全国公開し、同じく大ヒットスタートとなった『崖の上のポニョ』を制作するスタジオ ジブリの三鷹の森 ジブリ美術館ライブラリーが配給する作品である。スタジオ ジブリの持つ確かな眼が、多くの人に見て貰いたい良質なアニメーション作品を選び出す。
 作品は、ロシア・アニメーションの巨匠ロマン・カチャーノフが監督する。猿とも熊とも見える愛くるしいキャラクター チェブラーシカを通じて心温まる物語が展開する。

 『チェブラーシカ』のキャラクターはよく知られており、そのファンは多い。しかし、その作品を全て観たことのある人は意外と少ない。今回の劇場公開は、そうしたファンにとっては待ちに待ったものと言える。
 この夏は大型映画が、数多く公開される。しかし、そのなかでも『チェブラーシカ』は、小粒ながら長く人気を集めそうだ。

映画「チェブラーシカ」全四話完全版公式サイト
/http://www.ghibli-museum.jp/cheb/

関東:シネマ・アンジェリカ(渋谷)、立川シネマシティ、川崎チネチッタ、シネマイクスピアリ、シネプレックス新座
関西:テアトル梅田、シネ・ヌーヴォ、シネカノン神戸 
他全国順次ロードショー

          chbu.JPG
          (c)Cheburashka Project

当サイトの関連記事
/ジブリ美術館ライブラリー 夏はロシア・アニメーション「チェブラーシカ」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集