ベイブレード8月9日復活 2009年以降アニメ化 世界展開も決定 | アニメ!アニメ!

ベイブレード8月9日復活 2009年以降アニメ化 世界展開も決定

ニュース

 東京おもちゃショー2008でも紹介され注目を浴びた新しいベイブレード商品『メタルファイト ベイブレード』の発売日が8月9日に決まった。
 価格は標準的な商品「メタルファイト ベイブレード BB-01 スターター ペガシス105F」で1554円(税込)、このほかにも多彩な商品が発売される。
 ベイブレードは伝統玩具ベーゴマをモチーフにした玩具で、現代風にカスタマイズされたコマを用いて勝負を競う。1999年に発売され、世界的なブームを巻き起こした。前回のベイブレードブームでは、世界累計販売数1億6000万個以上、世界累計売上額は1650億円を突破した。

          beybladephoto.jpg

 今回の『メタルファイト ベイブレード』では、専用の通信機能付いた液晶ポインター「ベイポインター」を使用したポイントバトルを新たに導入する。プレイヤーの強さが液晶画面に点数表示され、バトルに勝つとポイントが増え、負けるとポイントが減って行く。対戦モードがより強まる。
 ポイントバトルの導入により、特定のイベントや店頭でポイントを交換できたり、ライセンスを獲得できるなどの楽しみが広がる。
 またタカラトミーでは、プレイヤーがいつでも無料で対戦できる、ベイブレード専用の競技場『ガンガンスタジアムベイ太1号』を全国のおよそ100カ所に設置する。ゲームのコミュニティを育成することで人気の拡大を図る。

 前回のブームでは、アニメ番組『爆転シュート ベイブレード』との連動も人気拡大の大きな力となっていた。今回もアニメ番組の展開が気になるところだが、タカラトミーによれば、国内では2009年以降にテレビの放映を予定している。
 さらに、海外展開も視野に入れており、既に韓国、香港、台湾、タイなどアジア8カ国(7月8日現在)で玩具発売を行うことを決定している。初代ベイブレードと同じ規模の海外展開を目標にするとしている。
人気を拡大することで、ベイブレードの玩具商品と玩具周辺事業を展開し、年間売上2000億円を目指す。

タカラトミー /http://www.takaratomy.co.jp/
メタルファイト ベイブレード 公式サイト /http://www.takaratomy.co.jp/products/beyblade/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集