大塚寧々、荒川良々