「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」7月16日再オープン!動くガンダムの特別演出も | アニメ!アニメ!

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」7月16日再オープン!動くガンダムの特別演出も

展示施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が7月16日に再オープンする。動くガンダムの特別演出やシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の前日譚の無料上映などを行う予定だ。

ニュース
注目記事
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」特別演出(C)創通・サンライズ
  • 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」特別演出(C)創通・サンライズ
  • 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」2,530円(税込)(C)創通・サンライズ
  • 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」2,530円(税込)(C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』前日譚「PROLOGUE」(C)創通・サンライズ・MBS
  • 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」スタンプラリー(C)創通・サンライズ
  • 「ガンプラ トライアルキット RX-78-2 ガンダム」(C)創通・サンライズ
  • 「GUNDAM NEXT FUTURE」オリジナルマーキングシール(C)創通・サンライズ
  • 「GUNDAM NEXT FUTURE LINK THE UNIVERSE」(C)創通・サンライズ
展示施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が7月16日に再オープンする。動くガンダムの特別演出やシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の前日譚の無料上映などを行う予定だ。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は横浜で発掘されたパーツを組み合わせて起動実験を行っている、というコンセプトのもとで動くガンダムの演出を行う展示施設である。2022年1月の特別演出「F00/AI Awakening!」は『機動戦士ガンダム』との繋がりが感じられる内容で人気を博した。


「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」2,530円(税込)
再オープン後も通常の起動実験演出に加えて、特別演出「RX-78 F00 HMT」(ハイマット)実施。この特別演出では高機動化と武装強化をコンセプトに再構築した機体・RX-78 F00 HMTの実験中のエピソードが描かれる。
なお動く仕組みを楽しみながら学べるコーナー・ACADEMYでは7月16日よりガンプラ新商品「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」も発売される。価格は2,530円(税込)。


『機動戦士ガンダム 水星の魔女』前日譚「PROLOGUE」上映風景
カンファレンスルームでは『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の前日譚「PROLOGUE」を上映。ガンダム最新作にいち早く触れられる機会となった。
上映期間は7月16日から7月31日まで。上映スケジュールは公式サイトなどで後日発表される。


「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」スタンプラリー
さらに同期間はスタンプラリーを実施。5個のスタンプをすべて押すと、全高約100mmの「ガンプラ トライアルキット RX-78-2 ガンダム」と、キットに使用できる「GUNDAM NEXT FUTURE」オリジナルマーキングシールがプレゼントされる。


「ガンプラ トライアルキット RX-78-2 ガンダム」
そのほか世界のガンダム立像全3体と横浜の動くガンダムがリアルタイムでリンクするイベント「GUNDAM NEXT FUTURE LINK THE UNIVERSE」の実施も予定されており、再オープンを盛り上げていく。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」夏季開催概要
会期:2022年7月16日(土)~2022年7月31日(日)
※8月の営業日については、後日発表
営業時間
平日:10:00~20:00(最終入場受付19:00)
土日祝:10:00~20:00(最終入場受付19:00)

■入場チケット(税込)
大人1,650円(13歳以上)/小人(7歳以上12歳以下)1,100 円
※6 歳以下は大人1名につき3名まで無料
※再入場不可
※入場券は日時指定

■GUNDAM-DOCK TOWER 観覧チケット(税込):3,300円
※6歳以下は大人1名につき3名まで無料
※再入場不可
※GUNDAM-DOCK TOWER観覧チケット単体ではご利用いただけません。
入場チケットとご一緒にお買い求めください。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
¥407
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集