「映画クレヨンしんちゃん」30周年記念! 数多のケッ作を振り返る“おまとめムービー”公開 | アニメ!アニメ!

「映画クレヨンしんちゃん」30周年記念! 数多のケッ作を振り返る“おまとめムービー”公開

『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(ちんぷうでん)』が、4月22日に公開を迎える。このたび劇場版30周年を記念して、野原一家とともにこれまでの活躍を一挙に振り返る「オラがいっぱい!30周年おまとめムービー!」がお披露目となった。

ニュース
注目記事
「オラがいっぱい!30周年おまとめムービー!」(C)U/F・S・A・A 1993-2022
  • 「オラがいっぱい!30周年おまとめムービー!」(C)U/F・S・A・A 1993-2022
  • 『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

アニメ『クレヨンしんちゃん』の記念すべき劇場版第30弾にあたる『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(ちんぷうでん)』が、4月22日に公開を迎える。このたび劇場版30周年を記念して、野原一家とともにこれまでの活躍を一挙に振り返る「オラがいっぱい!30周年おまとめムービー!」がお披露目となった。

『クレヨンしんちゃん』ファンはご存知のとおり、劇場版ではしんちゃんと個性あふれる野原一家が、数々のハプニングや試練に直面しながらも「ファイヤー!」という合言葉を胸に乗り越えてきた。

ときにはスーパー三輪車で空を飛び(『アクション仮面 VS ハイグレ魔王』(1993))、飛行機から脱出するためにスカイダイビングをし(『ブリブリ王国の秘宝』(1994))、突如訪れた秘密組織にひろしとみさえの夫婦が果敢に立ち向かい(『ブタのヒヅメ大決戦』(1998))、さらには自ら姿を変えて世界の平和を守ったことも(『雲黒斎の野望』(1995))。予想だにしない方法で日本全国を、ひいては全世界を笑いに包んできたのが野原一家だ。

劇場版30周年を記念して制作された「オラがいっぱい!30周年おまとめムービー!」は、そのような数えきれない名場面を見ていると、野原一家が挨拶してくれるもの。

これまでの野原家を振り返るという大事なときに、肝心のしんちゃんはトイレにいっており、すかさずみさえとひろしがツッコむ、というなんとも野原家らしいやりとりが繰り広げられる。笑いにあふれたナレーションに、思わず顔がほころんでしまう仕上がりだ。

思う存分、歴代の劇場版の名シーンや劇場版オリジナルキャラクターの登場を楽しむことができる内容で、その後も「野原一家、ヘンタイだー!」の掛け声を合図に、動物(『オタケベ!カスカベ野性王国』(2009))、ロボット(『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(2014))、スーパーヒーロー(『ブリブリ3分ポッキリ大進撃』(2005))、ヒッチハイクをする女性!?(『栄光のヤキニクロード』(2003)】などが登場する。

ちょっぴりおバカ、だけど実は全員大真面目!な野原一家やカスカベ防衛隊の勇姿の数々に、最新作を目前に過去作を見返したくなるファンも多いのではないだろうか。

『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は、4月22日より公開される。

『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』
原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:橋本昌和

『オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』(15)、『新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~』(19)
脚本:うえのきみこ、橋本昌和
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADK エモーションズ・双葉社
声の出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ ほか
ゲスト声優:川栄李奈・ハライチ
主題歌:緑黄色社会「陽はまた昇るから」
公開日:4月22日(金)

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集