寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】 | アニメ!アニメ!

寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】

現在イギリスで生活中の声優・寿美菜子さんが、イギリスでどんな日常を送っているのか、寿さんの言葉でリアルに伝えていくインタビュー連載「寿美菜子のAnother Wonderland in the UK」。

ニュース
注目記事
寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】
  • 寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第18回】

現在イギリスで生活中の声優・寿美菜子さんが、イギリスでどんな日常を送っているのか、寿さんの言葉でリアルに伝えていくインタビュー連載「寿美菜子のAnother Wonderland in the UK」

イギリスのサマーホリデーを満喫している寿さんが訪れたブライトンやオシャレなホテルでの過ごし方を、写真と共に振り返った前回。さらには、ラジオで「日本食が恋しい!」と言っていた寿さんが日本に帰国後に一番やりたいことなど、たっぷりとお話を聞きました。

第18回となる今回も、寿さんが撮った写真とともに先月のイギリス生活を振り返ります。ずっと行きたかった「エディンバラ・フェスティバル」に参加しての感想や、スコットランドの街並みの印象、また9月17日に30歳を迎えた寿さんの今年の抱負なども伺いました。
[取材・文=米田果織]

■サマーホリデー&スフィア初バーチャルライブを振り返る


――前回のインタビューではサマーホリデー真っ最中だった寿さん。さまざまな場所に行っていましたが、イギリスの夏は堪能できましたか?

寿:存分に堪能できて、本当に楽しかったです! バース、ブライトン、プリマス、エディンバラ、そして最後にマンチェスターに行って私のサマーホリデーツアーが終わる予定だったのですが、マンチェスターへ出発する前日にNHS(イギリスの新型コロナウイルス追跡アプリ)から通知が来てしまって(苦笑)。自主隔離しなければ行けなくなってしまい、舞台のチケットを無駄にしてしまいました……。

――YouTubeで動画もあげていましたね。イギリスのコロナの状況はどうなっていますか?

寿:サマーホリデーを挟んでも、感染者がそんなに大きく増えることはありませんでした。

――そうなんですね! では、観光地もそんなに人はいなかったのでしょうか?

寿:いえ、ロンドンのように賑わっている場所もありましたよ。特にエディンバラはフェスティバル中ということもあって、本当にたくさんの人が訪れていました。スコットランドはイギリスの中でも有数の観光地なので、国外に出るのに抵抗がある人も多かったみたいで、その分イギリスの方が集まったのだと思います。

――8月はスフィア初のバーチャルライブ「Sphere Virtual Live Vol.1 Future Streaming -バーチャル飛びだスフィア-」も開催されました。

寿:数か月かけて準備してきたので、ついに形になって皆さんに届けられて良かったです。実は、開催直前まで少し心配していた部分があって。これまでリアルなライブの経験しかなかった分、画面越しだし、バーチャルだし、お客さんが盛り上がる姿が想像しきれていなかったんです。

でも、そんな心配いらなかったですね! リアルなライブ同様にファンの方とコミュニケーションを取ることができて、同じ時間を共有していて、同じ感動を得て、笑顔になれました。逆に、これまでのリアルライブがあったからこそ、このバーチャルライブの形を構成できたと思うんです。スフィアとファンの皆さんが一緒に作り上げてきたものがあったから、バーチャルに置き換えても盛り上がることができたと感じました。とっても幸せな空間だったので、またやりたいです!

――リアルタイムで流れた感想のコメントにも、ファンからの「またやってほしい」という言葉がありましたね。

寿:私もその感想を見ていて、すごく嬉しかったです。また「リアルなライブに行きたくなった」という声もあったのですが、それは私たちも同じです。「やっぱりスフィアって良いな」「ライブって楽しいな」と改めて思ったので、また皆さんと楽しいことがしたいです。

――その機会が訪れてくれるのを、楽しみにしています! では、ここからはお写真と共に振り返っていきましょう。

■エディンバラの街並みから学ぶ歴史 「ハリー・ポッター」発祥の店にも


――前回のインタビューは、エディンバラに到着した日でしたね。「これから観光に行く」とワクワクしていた寿さんが印象に残っていますが、実際巡られてみていかがでしたか?

寿:皆さんが想像しているであろうヨーロッパの街並みがそのまま広がっていました。この写真は泊まったホテルなのですが、壁が石造りになっているのはスコットランドならでは。昔からある建物をリノベーションしたホテルで、外観もとてもステキでした。

――部屋までの階段が螺旋状になっていて、乙女の理想をそのまま再現したようですね。

寿:まるでラプンツェルの世界ですよね(笑)! でも、私の部屋は5階で、エレベーターがないのでキャリーバッグを持って行くのが大変でした(笑)。

――これは街並みを映した写真ですね。足場も石造りになっていて、また高低差があるのもヨーロッパらしさを感じます。

寿:この先に見えるトンガリ屋根の建物が、有名なスコット・モニュメントです。以前ケーヨ役で出演させていただいた『サンダーバード Are Go』に登場する「サンダーバード3号」に似てる、と話す人もいますね。

階段を降りるにつれて少し暗くなっているのはわかりますか? エディンバラは昔、上に住んでいる人は格上、下に住んでいる人は格下と身分格差がすごかったんです。上に住んでいる人たちは、ごみを下に向かって投げ捨てていたそうで、城下では疫病が流行り、健康も守られず、生きていくのも大変だったという歴史を知りました。

――美しく見えて、考えさせられる写真なのですね。

寿:城下では地下要塞までも作られていたそうで、その地下都市を巡るツアーもあったのですが、スケジュールが足りなくて行けなかったんです。機会があれば絶対に行ってみたいですね。

――エディンバラ城には行かれたのですか?

寿:ホリデー中は予約が埋まっていて、行くことができなかったんです……。なので、ホリールード宮殿に行ってきました。今年お亡くなりになったエディンバラ公爵フィリップ殿下もよく使われていた宮殿なのですが、今まで行った宮殿の中で「一番好き」だと思いました。フィリップ殿下はアートがお好きな方だったので、絵などの展示品もすべてに品があってとてもステキでしたね。

――このお写真にあるアクセサリーも展示されていたものでしょうか? まるでセーラームーンの変身コンパクトのようで、すごく気になりました。

寿:私も同じことを思って写真に収めました(笑)!「かわいいコンパクトだな~」と思ってみていたのですが、オーディオガイドを聴いてみると、真ん中のブルーの場所を開くと骸骨の絵が描かれているそうです。何のための宝石なのかは未だにわかっていないそうなのですが、可能性は2つあって、1つは死者に送られた弔いの宝石、もう1つは呪いの宝石……だそうです。ミステリアスでステキですよね!

――呪いだとしても、こんなステキな宝石なら贈られてみたいですね(笑)。

寿:ですね(笑)! 怖いですけど、キレイで見とれてしまいました。

――ホグワーツ魔法学校のモデルになったのがエディンバラ城と言われている通り、エディンバラといえば「ハリー・ポッターが生まれた町」。寿さんなら「エレファントハウス」には行かれるだろうなと思っていました!

寿:エディンバラに来たら行かなきゃいけないだろうと思って、行ってきました! 作者のJ.K.ローリングさんが『ハリー・ポッター』を執筆されたと言われているお店です。これはお手洗いの写真なのですが、ファンの方がいろんな思いを綴られていて、私も自分のサインを残してきちゃいました(笑)。ただ、その2~3週間後に火事になってしまったそうで、どこまで残っているのかわからないんです……。

――もしかしたらこの写真はかなり貴重なものになるかもしれませんね。

→次のページ:念願の「フリンジ」参加に喜び
《米田果織》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集