イタリア名作児童文学を仏・伊合作でアニメ映画化 「シチリアを征服したクマ王国の物語」日本公開へ | アニメ!アニメ!

イタリア名作児童文学を仏・伊合作でアニメ映画化 「シチリアを征服したクマ王国の物語」日本公開へ

米批評家サイト「RottenTomato」で驚異の評価100Tomatoを獲得し“グラフィックジュエル”と讃えられたフランス・イタリア合作アニメーション映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』が、2022年1月14日に日本公開決定。あわせて、ポスタービジュアルもお披露目となった。

ニュース
注目記事
『シチリアを征服したクマ王国の物語』(C)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHÉ FILMS - FRANCE 3 CINÉMA - INDIGO FILM
  • 『シチリアを征服したクマ王国の物語』(C)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHÉ FILMS - FRANCE 3 CINÉMA - INDIGO FILM
米批評家サイト「RottenTomato」で驚異の批評家評価100Tomatoを獲得し“グラフィックジュエル”と讃えられたフランス・イタリア合作アニメーション映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』が、2022年1月14日に日本公開決定。あわせて、ポスタービジュアルもお披露目となった。

『シチリアを征服したクマ王国の物語』(原題:LA FAMEUSE INVASION DES OURS EN SICILE/英語題:The Bears'Famous Invasion of Sicily)は、『名探偵コナン』『ルパン三世』などで知られるアニメ制作会社トムス・エンタテインメントによる海外買い付け作品の第2弾作品だ。
イタリアの作家ディーノ・ブッツァーティが1945年に発表し、イタリアで長く読み継がれてきた児童文学『La fameuse invasion des ours en Sicile』。
ハンター達によって息子を捕らえられたクマの王が、子どもを救うため人間が住む平地を目指す様子を描いている。

映画化にあたり、監督は「ザ・ニューヨーカー」「COSMOPOLITAN」「ル・モンド」などの雑誌のイラストや、「カンヌ国際映画祭」「ヴェネチア国際映画祭」のポスターイラストなどでも知られるトップイラストレーターのロレンツォ・マトッティ、制作は高畑勲がアーティスティック・プロデューサーを務めたプリマ・リネア・プロダクションズが担当。
多様な文化の中で他者を受け入れることの大切さをテーマにし、原作の持つユーモアに溢れたファンタジックな世界観の完全再現に成功。アニメーションならではの魅力を存分に発揮しており、米批評家サイト「RottenTomato」では驚異の批評家評価100Tomatoを獲得し、“詩を込めた華やかな色のグラフィックジュエル”とまで讃えられた。

また、本作は厳選された国内外のアートアニメーション作品が揃うことで知られる「新千歳空港国際アニメーション映画祭」(11月5日~11月8日開催)のコンペティション長編部門のノミネート作品に選出されることも決定。
いち早く見たいファンは是非チェックして欲しい。

『シチリアを征服したクマ王国の物語』は、1月14日より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほかで全国順次ロードショー。
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集