米アニメ「ルーニー・テューンズ」お馴染みキャラが、90年の歴史で初3D化! 映画「スペース・プレイヤーズ」本編映像を独占公開 | アニメ!アニメ!

米アニメ「ルーニー・テューンズ」お馴染みキャラが、90年の歴史で初3D化! 映画「スペース・プレイヤーズ」本編映像を独占公開

“eスポーツバトル”を題材に、『バットマン』『マッドマックス』『マトリックス』などワーナーブラザーズのキャラクター達が夢の競演を果たす映画『スペース・プレイヤーズ』が、2021年8月27日から上映開始となる。今回、本編映像がアニメ!アニメ!独占で公開された。

ニュース
注目記事
『スペース・プレイヤーズ』場面カット(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『スペース・プレイヤーズ』場面カット(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『スペース・プレイヤーズ』場面カット(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
“e-スポーツバトル”を題材に、『バットマン』『マッドマックス』『マトリックス』などワーナーブラザーズのキャラクターたちが夢の競演を果たす映画『スペース・プレイヤーズ』が、2021年8月27日から上映開始となる。本作で、誕生から約90年を経て『ルーニー・テューンズ』のキャラクターたちが劇場映画で初3D化。その“3D化”される瞬間を映した本編映像が、アニメ!アニメ!独占で公開された。

『スペース・プレイヤーズ』は、NBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高いバスケットボール選手レブロン・ジェームズを主演に迎え、さらに1923年の創立以来数々の名作を世におくり出してきたワーナー・ブラザースの歴代作品&キャラクターが垣根を超えて登場し、“無限バーチャル・ワールド”で繰り広げられる“eスポーツバトル”を描いた映画だ。


場面カット
本作で、レブロンとともにチームを組んでe-スポーツバトルの試合に挑むのは、1930年の初登場以来ワーナー・ブラザースの顔として親しまれるアニメ『ルーニー・テューンズ』の仲間たち。90年以上の長い歴史を経て、ついに劇場映画で初めて3Dの姿を披露することに。
そして今回、彼らが2Dの姿から3Dの姿にアップグレードする瞬間を映し出した本編映像が、アニメ!アニメ!独占公開となった。
本作でアニメーション映像の監修を務めたデビン・クレインは「『テューンズ』は観客にとって身近な存在なだけに、各キャラクターの個性を見失ってはいけないと思いました。大切なのは個性をそのまま生かすこと。その個性は癖やたたずまいや動きに表れます。キャラクター同士のやりとりもリアルに描写しなければなりません。テューンズは単なるアニメーションキャラクターではなく、血の通った存在ですから」と、キャラクターに対して敬意を持ってアップグレードしたことを明かす。それによって、2Dで描かれてきた可愛さや個性は保たれながらも、3Dとしての新たな魅力を引き出すことに成功したのだ。

『トゥーンズ』の中で特に人気の高いトゥイーティーの声を何十年にも渡り務めている声優・こおろぎさとみは「子どもの頃、アニメの中に入り込んだ夢を見た事があります。2次元と3次元が一緒になるのは夢の中の出来事だと思っていました。それがまさか、本当に体験できる日が来るとは!間違いなく、ルーニーの仲間たちがより一層身近になりました」と3D化したキャラクターに対して驚きと喜びを語った。
3Dになった彼らが、レブロンと共にどのような“バーチャル・バトル”を繰り広げるのか……劇場で確かめて欲しい。

『スペース・プレイヤーズ』は、8月27日ロードショー。

【STORY】
バスケ界のスーパースター、レブロン・ジェームズと息子のドム。ある日、映画会社のAIスーパーサーバー“ワーナー3000”に吸い込まれてしまった2 人。そこはキングコング、バットマンやジョーカー、『マッドマックス』や『マトリックス』に登場するキャラクター達が住む“バーチャル・ワールド”だった――。その世界の支配を目論む男、アル・G・リズム(ドン・チードル)は、システムに迷い込んだ息子のドムを誘惑し、父親レブロンと試合で戦うよう仕向ける。息子を助けるにはアル・G・リズムが揃えドムが作り出したゲームキャラクターのグーンスクワッド【最強の殺し屋軍団】に勝たなくてはいけない。
負ければ二度と元の世界には戻れなくなってしまう極限のゲーム…映画の最強キャラクターを仲間にして、究極のe-スポーツバトルに挑め!

◆タイトル:『スペース・プレイヤーズ』
◆監督:マルコム・D・リー (『ガールズ・トリップ』『ナイトスクール』)
◆製作:ライアン・クーグラー、レブロン・ジェームズ、マーベリック・カーター、ダンカン・ヘンダーソン
◆脚本:ジュエル・テイラー、トニー・レッテンマイアー、キーナン・クーグラー、テレンス・ナンス
◆出演:レブロン・ジェームズ、ドン・チードル(映画「アベンジャーズ」シリーズ、『ホテル・ルワンダ』)、セドリック・ジョー、ソネクア・マーティン=グリーン、ゼンデイヤ (『DUNE/デューン 砂の惑星』『マルコム&マリー』)
◆配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集