「竜とそばかすの姫」新ビジュアル&スタッフ公開、日本屈指のクリエイターたちが集結 | アニメ!アニメ!

「竜とそばかすの姫」新ビジュアル&スタッフ公開、日本屈指のクリエイターたちが集結

2021年7月16日公開予定の映画『竜とそばかすの姫』より新ビジュアルが公開。あわせて、新スタッフの情報が公開された。

ニュース
注目記事
『竜とそばかすの姫』新ビジュアル(C)2021 スタジオ地図
  • 『竜とそばかすの姫』新ビジュアル(C)2021 スタジオ地図
  • 『竜とそばかすの姫』秋屋蜻一による竜のキャラクターデザイン(C)2021 スタジオ地図
2021年7月16日公開予定の映画『竜とそばかすの姫』より新ビジュアルが公開。あわせて、新スタッフの情報が公開された。

本作は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『未来のミライ』などで知られる細田守監督の最新作。
幼い頃に母を亡くし、高知の田舎町で父とふたりで暮らす17歳の女子高生・すずは超巨大インターネット仮想世界<U>に、歌姫「ベル」として参加。竜と出会ったことで物語が動き出す――。

新ビジュアルでは、細田監督作品の歴代ポスターには欠かさず描かれてきた、夏を象徴するような“入道雲が浮かぶ青空”から一転、満天の星空の下で見つめ合う、歌姫ベルと竜の姿が描かれた。

『竜とそばかすの姫』秋屋蜻一による竜のキャラクターデザイン(C)2021 スタジオ地図
『竜とそばかすの姫』秋屋蜻一による竜のキャラクターデザイン
今回、<U>の世界でみんなから恐れられ、忌み嫌われている竜のキャラクターデザインがお披露目に。担当したのは、書籍の装画なども手がけ、緻密で幻想的な世界観で多くのファンを持つ秋屋蜻一。細田監督が「この人が描く竜が良い!」と直々に選んだという。

さらに、<U>の世界の作画監督は、東映動画所属時代に細田監督の師匠であり、『デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』以降、細田作品のメインスタッフとしてすべての作品に参加している山下高明が、同じくほぼすべての細田作品に原画や作画で携わる青山浩行が、現実世界の作画監督とキャラクターデザインを担当する。

また、今敏監督の全作品で美術監督を担当してきた池信孝が美術監督を務めるほか、『サマーウォーズ』でインターネット上の仮想世界<OZ>の美術デザインを担当した、上條安里が美術設定(プロダクションデザイン)を担う。
加えて、『サマーウォーズ』でCGディレクターを担当した堀部亮と下澤洋平が共にCGディレクターとして名を連ねている。
先日発表された世界のクリエイターと共に万全の態勢で、作品制作に臨んでいるとのことだ。

現在、ムビチケ前売券(オンライン)の販売も実施中。ムビチケ購入者限定で、映画公開前から本作をより深く楽しめるキャンペーンもスタート。映画の制作過程で作られた画像や動画をいち早く閲覧したり、限定SNS企画に参加できたりなど、さまざまな特典が用意された。

映画『竜とそばかすの姫』は、2021年7月16日より全国の劇場にて公開される。

(C)2021 スタジオ地図
《酒井靖菜》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集