2021年春アニメ、“いま”一番推せる作品は? 3位「フルーツバスケット」、2位「僕のヒーローアカデミア」、1位は… | アニメ!アニメ!

2021年春アニメ、“いま”一番推せる作品は? 3位「フルーツバスケット」、2位「僕のヒーローアカデミア」、1位は…

アニメ!アニメ!では「2021年春アニメ、“いま”一番推せる作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
「僕のヒーローアカデミア 第5期」キービジュアル(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
  • 「僕のヒーローアカデミア 第5期」キービジュアル(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
  • [2021年春アニメ、“いま”一番推せる作品は?] TOP5
  • 『フルーツバスケット』The Final キービジュアル(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
  • 『ゾンビランドサガ リベンジ』キービジュアル(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会
  • 『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』キービジュアル(C)しめさば・KADOKAWA/『ひげひろ』製作委員会
  • 「オッドタクシー」キービジュアル(C)P.I.C.S. / 小戸川交通パートナーズ
  • 『Fairy蘭丸~あなたの心お助けします~』キービジュアル(C)馬谷たいが/F蘭製作委員会
  • 『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』キービジュアル(C)2020 TOHO CO., LTD.
2021年春アニメも、多くのタイトルが第1話の放送を終えました。今年も新年度の始まりに相応しい多彩なタイトルが揃っています。

アニメ!アニメ!では以前「2021年春アニメ 期待値の高い作品は?」と題した読者アンケートを行いました。実際に放送が始まったことで、意見が変わった読者もいると思います。そんな中で今現在、イチオシできる作品は一体何なのでしょうか?

そこで「2021年春アニメ、“いま”一番推せる作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。4月18日から4月25日までのアンケート期間中に746人から回答を得ました。
男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■オリジナルタイトルも複数ランクイン!


第1位


1位は『バクテン!!』。支持率は約9パーセントでした。

『バクテン!!』第3弾キービジュアル(C)バクテン製作委員会
『バクテン!!』第3弾キービジュアル(C)バクテン製作委員会
本作はフジテレビのノイタミナ枠にて放送のスポーツアニメ。男子新体操をテーマにした青春群像劇です。
読者からは「新体操という題材が目新しく、それぞれのキャラクターも個性的で見ていて面白いと思いました。OPとEDの曲もマッチしていて青春時代の懐かしさを思い出しました」や「男子新体操のことをもっと詳しく知りたいと思わされる作品です。演技シーンのアニメがものすごく綺麗!」と新体操に興味を持ったというコメントが届いています。
オリジナルタイトルがトップに輝きました。

第2位


2位は『僕のヒーローアカデミア』(第5期)。支持率は約7パーセントでした。

「僕のヒーローアカデミア 第5期」キービジュアル(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
「僕のヒーローアカデミア 第5期」キービジュアル(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
人気シリーズの最新作には「待ちに待ったアニメ5期! A組対B組のド迫力バトルや、B組のキャラクターが動く姿が見られるのが嬉しすぎて、毎週ワクワクしています」や「今まで焦点の当たってこなかったB組生徒や、苦難を乗り越えて成長したA組メンバーの活躍が見れるので楽しい!」と、多彩なキャラの魅力が詰まった作品だという声が多かったです。

第3位


3位は『フルーツバスケット The Final』。2位とはわずか数票差でした。

『フルーツバスケット』The Final キービジュアル(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
『フルーツバスケット』The Final キービジュアル(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
2019年に始まった新たなアニメ化も本作でついにフィナーレを迎えます。
「いよいよ完結へ! 透くんの真っ直ぐな思いにみんなが心を動かされていく場面が素晴らしく、十二支の呪いがどうなるのかも気になります」や「それぞれのキャラクターたちの苦悩や葛藤が痛いほど伝わる作品です。どんな結末になるのか、この目で見届けたいと思います」とファンの気持ちも盛り上がっている最中です。
「今までずっと見てきた作品がついに最終章。嬉しいですが、ちょっと淋しい複雑な心境です」と完結を惜しむ声も寄せられています。

なお男性票のみではトップが『Vivy -Fluorite Eye's Song-』、2位が『ゾンビランドサガ リベンジ』と『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』が同票
女性票のみではトップが『バクテン!!』、2位が『フルーツバスケット The Final』、3位が『僕のヒーローアカデミア』でした。

『Vivy -Fluorite Eye's Song-』キービジュアル(C)Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO
『Vivy -Fluorite Eye's Song-』キービジュアル(C)Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO
『Vivy -Fluorite Eye's Song-』には「映像が美しく音楽も丁寧に作りこまれています。SFのオリジナルストーリーなので先が読めない展開にも期待が膨らみます」。
『ゾンビランドサガ リベンジ』には「どんな話なのかを予測するのが無意味なほど面白い! 我が地元佐賀をこんなに盛り上げてくれて嬉しいかぎりです」。
『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』には「家出女子高生がサラリーマンと共同生活をする物語がとても切なくて、これからの話も気になります」といったコメントが寄せられました。

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』キービジュアル(C)しめさば・KADOKAWA/『ひげひろ』製作委員会
『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』キービジュアル(C)しめさば・KADOKAWA/『ひげひろ』製作委員会

■そのほかのタイトルを紹介!!


「オッドタクシー」キービジュアル(C)P.I.C.S. / 小戸川交通パートナーズ
「オッドタクシー」キービジュアル(C)P.I.C.S. / 小戸川交通パートナーズ
『オッドタクシー』には「可愛らしい絵柄とは裏腹にどこか暗く先の読めないストーリー。お笑い芸人さんが声優をされるなど、キャストも豪華です」。
『Fairy蘭丸~あなたの心お助けします~』キービジュアル(C)馬谷たいが/F蘭製作委員会
『Fairy蘭丸~あなたの心お助けします~』キービジュアル(C)馬谷たいが/F蘭製作委員会
『Fairy蘭丸~あなたの心お助けします~』には「菱田正和監督の最新オリジナルアニメ! スタジオコメット制作なので、ぶっ飛んでるだろうなと思っていたら、本当にぶっ飛んでいました。何度も見ていると次々に気付きも生まれる深いアニメです」。

『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』キービジュアル(C)2020 TOHO CO., LTD.
『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』キービジュアル(C)2020 TOHO CO., LTD
『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』には「とにかく面白い! ゴジラに興味ない人も先入観を捨ててとにかく1話見てほしい」や「ジェットジャガーやラドンやアンギラスが登場するので嬉しい」。

「スーパーカブ」キービジュアル(C)Tone Koken,hiro/ベアモータース
「スーパーカブ」キービジュアル(C)Tone Koken,hiro/ベアモータース
『スーパーカブ』には「大きな展開があったり、賑やかで楽しかったりする作品ではないけれど、スーパーカブに乗ることで起こる心情の変化や景色の見え方などが丁寧に描かれています」や「原付に乗りたくなる!」と多彩なタイトルに投票がありました。

1年の中でも多くの新作が揃う4月なだけにバラエティ豊かなタイトルが登場。オリジナル作品も目立つ結果となっています。
次ページではトップ20を公開中。こちらもお見逃しなく!

■ランキングトップ10


[2021年春アニメ、“いま”一番推せる作品は?]
1位 『バクテン!!』
2位 『僕のヒーローアカデミア』(第5期)
3位 『フルーツバスケット The Final』
4位 『Vivy -Fluorite Eye's Song-』
5位 『魔道祖師』(連続2クール目)
6位 『憂国のモリアーティ』(2クール目)
7位 『ゾンビランドサガ リベンジ』
8位 『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』
9位 『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』
10位 『スーパーカブ』
10位 『不滅のあなたへ』

(回答期間:2021年4月18日~4月25日)

次ページ:ランキング20位まで公開
※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集