自分で初めて買ったアニソンは?「ヤマト」「ポケモン」「けいおん!」「鬼滅の刃」…思い出とともに多彩な歌に投票が! | アニメ!アニメ!

自分で初めて買ったアニソンは?「ヤマト」「ポケモン」「けいおん!」「鬼滅の刃」…思い出とともに多彩な歌に投票が!

アニメ!アニメ!では「自分で初めて買ったアニソンは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
『鬼滅の刃』第3弾・新キービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 『鬼滅の刃』第3弾・新キービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • LiSA「紅蓮華」通常盤
  • LiSA「紅蓮華」(TVアニメ「鬼滅の刃」OPテーマ)
  • 「ソードアート・オンライン アリシゼーション」(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
  • 『Angel Beats!』キービジュアル(C)VisualArt's/Key(C)VisualArt's/Key/Angel Beats! Project
  • 「『進撃の巨人』Season 3 Part.2」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
  • 『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』メインビジュアル(C)UTA☆PRI-MOVIE PROJECT
  • 「七つの大罪 戒めの復活」(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS
7月31日は「蓄音機の日」。

1877年の同日にエジソンが蓄音機の特許を取得したことで知られています。

蓄音機の時代はレコードから音を再生していましたが、今ではCDやデータなどで音楽を楽しめるようになりました。読者の中には初めて自分のお金で購入したアニソンに思い入れがある人も多いのではないでしょうか。

そこでアニメ!アニメ!では「自分で初めて買ったアニソンは?」と題した読者アンケートを実施しました。アニメの主題歌や挿入歌として使用された楽曲だけでなく、キャラクターソングなども対象としています。
7月14日から7月21日までのアンケート期間中に133人から回答を得ました。男女比は男性35パーセント、女性約65パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。

■1970年代から現在まで 多彩なアニメソングが大集合!


今回のアンケートは読者の年代によって、投票の傾向が大きくわかれる結果となりました。

10代の方から寄せられたコメント


10代は女性アーティストのLiSAさんの曲が初めて買ったアニソンだという読者が多く、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の「ADAMAS」『鬼滅の刃』の「紅蓮華」など複数タイトルが挙がっています。


また『Angel Beats!』Girls Dead Monsterのアルバム「Keep The Beats!」には「『一番の宝物』のほかにも『My Song』や『Crow Song』などのYui ver.が入っていて最高のアルバムでした」とLiSAさんが参加した音楽グループのアルバムにも投票がありました。

広告の後にも続きます

そのほか『進撃の巨人』Linked Horizon「進撃の軌跡」には「2期の放映中に好きになって、歴代の楽曲が入ったアルバムが発売されたばかりだと知って限定盤を買いました」。
『うたの☆プリンスさまっ♪』来栖翔(CV:下野紘)「初恋をまた始めよう」には「初めて自分で貯めたお金で買いました! キャラソンの中でも共感できる歌詞が多くて、聴いていてドキドキしてしいます」。
『七つの大罪 戒めの復活』雨宮天「誓い」には「アニソンとしても、CDとしても初めて買った曲。アニメで雨宮天さんの美しい透明感のある声に感動してお店で見かけた時には思わず手に取ってレジに向かっていました」と人気シリーズにも票が寄せられています。


20代の方から寄せられたコメント


20代は2000年代にリリースされた楽曲が目立ちます。
劇場版『デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲』AiM「フレンド~いつまでも忘れない~」には「当時小学校6年生で『デジモン』にハマってた時期。よく買い物に行ってたスーパーのCDショップで見つけたのでレジへ。これが生まれて初めて自分で買ったCDでした」。
『けいおん!』放課後ティータイム「ふわふわ時間」は「やっぱりアニソンといえば『けいおん!』。小学生のときに頑張ってお金を貯めて買いました!」と、小学校高学年のときに初めて買ったという声が多かったです。
「けいおん!」(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部
「けいおん!」(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部
また10代から20代にかけて人気が高かったのは「ラブライブ」シリーズ『ラブライブ!サンシャイン!!』Aqours「未来の僕らは知ってるよ」には「地元にはアニソンCDなんてどこにも売ってなかったので上京してからワクワクしながら買いました」という思い出のコメントが届いています。


30代の方から寄せられたコメント


30代『ポケットモンスター』松本梨香「めざせポケモンマスター」には「当時『ポケモン』のゲームを買ってもらえなかったので“せめてCDを買って雰囲気だけでも!”と意気込んで買っていました(笑)」。


『魔法陣グルグル』奥井亜紀「Wind Climbing ~風にあそばれて~」には「人生で初めて買ったCDです。小学生の頃『グルグル』が大好きで、音楽に興味を持つきっかけにもなりました」。『機動戦艦ナデシコ』松澤由美「YOU GET TO BURNING」には「オープニングの映像や本編のストーリーと、歌声・曲調がベストマッチした名曲。この曲でアニソンに目覚めました」と1990年代に放送されたタイトルの主題歌が人気です。

「機動戦艦ナデシコ」(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会・テレビ東京(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
「機動戦艦ナデシコ」(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会・テレビ東京(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会

40代以上の方から寄せられたコメント


40代以上は往年の名作の主題歌やテーマソングがランクイン。
40代の読者からは『風の谷のナウシカ』安田成美「風の谷のナウシカ」には「作品と共に子供の頃からずっと好きだったので、中学生になってCDラジカセを買ってもらったときに、お小遣いで8センチCDシングルを買ったのを覚えています。結婚する際に実家に置いて行ったのですが、地震で被災した際に瓦礫と一緒に全部処分したと聞き、持って行けば良かったと後悔しました」。


50代の読者からは『機動戦士ガンダム 劇場版』やしきたかじん「砂の十字架」には「夢中になって観ていたあの『ガンダム』が映画になるなんて!? と大喜びで直ぐ買いました^_^」。
『宇宙戦艦ヤマト』ささきいさお「宇宙戦艦ヤマト」には「『ヤマト』に出会ってオタクの道を歩み始めてしまったので……。この年代の人には多いかも?」や「再放送でじっくり見ることができて改めてファンになりました。レコード屋に注文するも入ってこなくて街中を探し、A面は『仮面ライダーアマゾン』でB面が『ヤマト』のレコードを買ったのが初のアニソンでした」と今も愛される名曲にも投票が。

1970年代から現在まで、作品の世界観を表現してきた多彩なアニソンたちが集結する結果となりました。

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集