“朗読”を聞きたい声優さんは?【女性声優編 20年版】沢城みゆき、早見沙織、花澤香菜…思わず聞き惚れる美声&演技に支持! | アニメ!アニメ!

“朗読”を聞きたい声優さんは?【女性声優編 20年版】沢城みゆき、早見沙織、花澤香菜…思わず聞き惚れる美声&演技に支持!

アニメ!アニメ!では毎年恒例の「“朗読”を聞きたい声優さんは?」と題した読者アンケートを実施しました。まずは女性声優編の結果を発表します。

ニュース
注目記事
沢城みゆき、早見沙織、花澤香菜
  • 沢城みゆき、早見沙織、花澤香菜
  • 沢城みゆき
  • 早見沙織
  • 花澤香菜
  • 内田真礼
  • 能登麻美子
  • 悠木碧
  • 水瀬いのり
6月19日は「朗読の日」。

「ろう(6)どく(19)」の語呂合わせから、NPO法人日本朗読文化協会によって2002年に制定されました。芸術文化としての朗読の普及を目的とした記念日であり、6月中旬には朗読ボランティアや朗読コンクールなどが開催されます。

キャラクターに息を吹き込む声優たちも、朗読劇に出演したり、オーディオブックなどで朗読をしたりすることがあります。アニメとはまた違う魅力がある朗読が好きだというファンも多いのではないでしょうか。

そこでアニメ!アニメ!では毎年恒例の「“朗読”を聞きたい声優さんは?」と題した読者アンケートを実施しました。6月7日から6月14日までのアンケート期間中に810人から回答を得ました。
男女比は男性約15パーセント、女性約85パーセントと女性がメイン。年齢層は19歳以下が約35パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。

本稿では女性声優編の結果を発表します。

■若手からベテランまで、幅広い声優陣に投票が!


第1位


1位は沢城みゆきさん。支持率は約13パーセントで、昨年に続きトップとなりました。

沢城みゆき
沢城みゆき
「幼い少女から妖艶な女性までの役の演じ分けがすごい!」や「スタッフロールを見て、“この役は沢城さんがやっていたのか”と気付くことが多く、声の幅が広いことに驚きました。いろいろな声で演じる朗読を聞いてみたい」と、多彩な役を演じているところが決め手です。
「表現力が素晴らしいので、映像がなくても物語を細部まで想像できそう」といったコメントも多く、「『図書館戦争』で子供たちに読み聞かせをするシーンが印象的でした」と、アニメで朗読を披露したエピソードに触れた読者もいました。

広告の後にも続きます

第2位


2位は早見沙織さん。支持率は約7パーセントで、昨年から順位を一つ上げました

早見沙織
早見沙織
「落ちついた透き通った声がすごく心地良く、もっと聞いていたいと感じたからです」や「早見さんの女神のようなふんわりした声に癒されたい!」と、朗読を聞けばリラックスできそうという意見が多かったです。
「バラエティ番組でナレーションをされていますが、主張しないのにすぐわかる綺麗な声。思わず耳が聞き入ってしまいます」とキャラクター以外でもファンを魅了しています。

第3位


3位は花澤香菜さん。支持率は約5パーセントで、昨年の4位からランクアップしています。

花澤香菜
花澤香菜
「可愛らしさの中にも凛とした響きがあり、一度ゆっくり朗読で聞いてみたいと思ったからです」や「耳に優しい声で穏やかに聞いていられそう」、「天使のような声で幸せな気持ちになれる」など、柔らかな声色で癒やされたいというコメントが多数寄せられました。

今回のアンケートでは優しい声が特徴の声優が上位にランクイン。2020年4月には新型コロナウイルスの影響により自宅待機している親子に向けて、悠木碧さんが絵本の読み聞かせ企画「#せいゆうろうどくかい」を立ち上げました。
この企画に多くの声優が参加したことで、朗読の面白さを知ったという人も多いようです。

男性声優編の結果も発表しています。こちらもあわせてチェックしてください!
“朗読”を聞きたい声優さんは?【男性声優編 20年版】>>https://animeanime.jp/arti/zrtl0g/

■ランキングトップ10


[“朗読”を聞きたい声優さんは? 2020年版 女性声優編]
1位 沢城みゆき
2位 早見沙織
3位 花澤香菜
4位 内田真礼
5位 能登麻美子
6位 悠木碧
7位 水瀬いのり
8位 緒方恵美
9位 林原めぐみ
10位 坂本真綾

(回答期間:2020年6月7日~6月14日)
次ページ:ランキング20位まで公開

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集