「サイダーのように言葉が湧き上がる」本予告公開―― never young beach&大貫妙子の手掛ける楽曲もお披露目 | アニメ!アニメ!

「サイダーのように言葉が湧き上がる」本予告公開―― never young beach&大貫妙子の手掛ける楽曲もお披露目

劇場オリジナルアニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』(5月15日ロードショー)の本予告が公開。 この本予告で主題歌と劇中歌の音源も初披露され、主題歌担当のnever young beach・安部勇磨、および劇中歌担当の大貫妙子からコメントも到着した。

ニュース
注目記事
『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』本予告カット(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
劇場オリジナルアニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』(5月15日ロードショー)の本予告が公開。
この本予告で主題歌と劇中歌の音源も初披露され、主題歌担当のnever young beach・安部勇磨、および劇中歌担当の大貫妙子からコメントも到着した。


『サイダーのように言葉が湧き上がる』場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
このたび公開された予告編は、チェリーとスマイルというコンプレックスを抱えた者同士が出会い、SNSを通じて次第に気持ちを寄せていく様子を丁寧に描写したもの。


『サイダーのように言葉が湧き上がる』場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
チェリーは芽生えた気持ちの変化に戸惑いつつ、17歳の少年にはどうしようもない家庭の事情も抱えながら、殻を打ち破りスマイルの元へと疾走していく。
主人公チェリーの、一度しかない17歳の夏が弾ける仕上がりだ。


『サイダーのように言葉が湧き上がる』は、2020年5月15日より全国ロードショー。

<以下、コメント全文掲載>


【安部勇磨(never young beach)】


・監督から主題歌制作のオファーをいただいて
嬉しい。曲を作ろう。
・主題歌を制作するにあたって、意識したこと
作品からとても素敵な清涼感を感じたので、曲のほうも抜けのいい爽やか なものにしたいなと思いました。
・主題歌に込めた思い
そのままでいいんだよ。悩んでるあなたもとても素敵だよ。もしかしたら そんな不器用なときが一番輝いているのかも。

【大貫妙子】


誰にでも一つの歌、あるいは曲との出会いが必ずあるだろうと思います。それは世代を超え生き続けます。たくさんのものが溢れるように通り過ぎてゆく世界の中で、そこしか見えないくらい巨大な虫眼鏡で惹きつけられる。
出会ってしまった!と。それを運命と言うのでしょう。音楽はそんな魔力を持っています。
若い頃の志を遂げることが叶わなくても、たとえば「夢を諦めることも、勇気なんだ」と監督にお話ししました。それは挫折とは違います。70年代風でオーソドックスな曲に、そんな気持ちを込めて歌いました。

『サイダーのように言葉が湧き上がる』

【CAST】
チェリー:市川染五郎
スマイル:杉咲 花
ビーバー:潘めぐみ
ジャパン:花江夏樹
タフボーイ:梅原裕一郎
ジュリ:中島 愛
マリ:諸星すみれ
紘一:神谷浩史
まりあ:坂本真綾
フジヤマ:山寺宏一

【STAFF】
原作:フライングドッグ
監督:イシグロキョウヘイ
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:愛敬由紀子
音楽:牛尾憲輔
アニメーション制作:シグナル・エムディ×サブリメイション
主題歌:「サイダーのように言葉が湧き上がる」never young beach
劇中歌:「YAMAZAKURA」大貫妙子
製作:『サイダーのように言葉が湧き上がる』製作委員会
配給:松竹

(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集