神谷浩史、坂本真綾が「サイダーのように言葉が湧き上がる」追加参戦!メインビジュアル公開 | アニメ!アニメ!

神谷浩史、坂本真綾が「サイダーのように言葉が湧き上がる」追加参戦!メインビジュアル公開

『サイダーのように言葉が湧き上がる』(2020年5月15日公開)より、メインビジュアルがお披露目。主題歌にはnever young beach、劇中歌には大貫妙子が決定。また、追加キャストとして、神谷浩史・坂本真綾の出演も発表された。

ニュース
注目記事
『サイダーのように言葉が湧き上がる』メインビジュアル(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 『サイダーのように言葉が湧き上がる』メインビジュアル(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
  • 神谷浩史
  • 坂本真綾
  • never young beach 宣材写真
  • 大貫妙子さん宣材写真
劇場オリジナルアニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』(2020年5月15日公開)より、メインビジュアルがお披露目。主題歌にはnever young beach、劇中歌には大貫妙子が決定。また、追加キャストとして、神谷浩史、坂本真綾の出演も発表された。

『サイダーのように言葉が湧き上がる』は、『四月は君の嘘』や『クジラの子らは砂上に歌う』などを手掛け繊細で叙情的な演出に定評のあるイシグロキョウヘイ監督が、“言葉×音楽”をキーワードに少年少女の「ひと夏の青春」を描くオリジナルアニメだ。
人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年チェリーと、コンプレックスを隠すマスク少女スマイルが何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢い、言葉と音楽で距離を縮めていくストーリーが繰り広げられる。

この度お披露目となったメインビジュアルでは、青空の下、チェリーとスマイルを中心に年齢層も人種も様々なキャラクターたちが描かれ、初夏の日差しを感じるような爽やかなビジュアルとなった。床に描かれている、個人や集団を示すマークの落書き“タギング”にも要注目だ。

never young beach 宣材写真
never young beach
本作の主題歌を手掛けたのはnever young beach。洋楽に影響を受けたサウンドとポップなメロディ、そして等身大の歌詞で人気を誇る彼らが、作品タイトルと同名となる「サイダーのように言葉が湧き上がる」を書き下ろした。さらに、日本のポップ・ミュージックにおける女性シンガーの草分け的存在の大貫妙子が劇中歌を担当。「YAMAZAKURA」を書き下ろしで提供した。

大貫妙子さん宣材写真
大貫妙子
また、追加キャストとして神谷浩史と坂本真綾の出演が決定。神谷は『クジラの子らは砂上に歌う』から引き続き、坂本は初のイシグロ監督作品への参加となる。どんな役どころとなるのか注目したい。

『サイダーのように言葉が湧き上がる』

【CAST】
チェリー:市川染五郎
スマイル:杉咲 花
ビーバー:潘めぐみ
ジャパン:花江夏樹
タフボーイ:梅原裕一郎
ジュリ:中島 愛
マリ:諸星すみれ
紘一:神谷浩史
まりあ:坂本真綾
フジヤマ:山寺宏一

広告の後にも続きます
【STAFF】
原作:フライングドッグ
監督:イシグロキョウヘイ
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:愛敬由紀子
音楽:牛尾憲輔
アニメーション制作:シグナル・エムディ×サブリメイション
主題歌:「サイダーのように言葉が湧き上がる」never young beach
劇中歌:「YAMAZAKURA」大貫妙子
製作:『サイダーのように言葉が湧き上がる』製作委員会
配給:松竹

(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
《umi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集