「ファイナルファンタジー7 リメイク」召喚獣はどう描かれる...? コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデル公開 | アニメ!アニメ!

「ファイナルファンタジー7 リメイク」召喚獣はどう描かれる...? コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデル公開

新たに判明したもうひとつの新要素「バトルレポート」では、ミッションをこなすことでマテリアを開発・販売してくれます。

ニュース
『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども
  • 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども

スクウェア・エニックスは、PS4ソフト『FINAL FANTASY VII REMAKE』(ファイナルファンタジーVII リメイク)に関する最新情報を公開しました。

1997年1月に発売されたプレイステーションソフト『ファイナルファンタジーVII』(以下、FF7)をベースに、ビジュアル表現から戦闘システムまで一新。オリジナル版の登場から23年の時を経て、『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、FF7 リメイク)が2020年4月10日に発売されます。

再来月の発売に向け、「ティファ」による凛々しくパワフルなバトルシーンの画像や、本作に登場する新要素などの情報が到着。『FF7』で頼りになった召喚獣たちも、その勇姿を見せてくれています。『FF7 リメイク』の発売に備え、最新情報をチェックしておきましょう。

【以下、リリースより引用】

◆「レッドXIII」(Voice Cast:山口勝平)


「私とは何か。見ての通りこういう生き物、としか答えられない」

人の言葉を操る獣。赤毛に覆われたしなやかな肉体に、鋭い爪と牙、燃え盛る尾を持つ。現在は研究サンプルとして捕獲され、宝条博士の施設に監禁されている。レッドXIIIは型式番号であり、本名ではない。



◆組織 - 神羅カンパニー


魔晄エネルギーを支配し、ミッドガルを中心に世界を掌握する巨大複合企業。治安維持部門、兵器開発部門、科学部門、都市開発部門、宇宙開発部門に分かれ、それぞれ個性的な統括によって指揮運用されている。

◆「宝条」(Voice Cast:千葉繁)


「光栄に思いたまえ。私の大いなる仮説の検証に君たちも貢献させてやろう」

神羅カンパニーの科学部門統括。倫理や常識にとらわれない発想で、様々な生物兵器を開発する。己の研究のためならば人の命すら実験材料として扱う。前統括との共同研究では、兵士に特殊な施術を行い、身体能力を大幅に向上させ、ソルジャーを生み出すことに成功した。



◆バトル紹介「ティファ」


ティファは□の「たたかう」で素早い格闘攻撃を行う。連打することでコンボが繋がる。

【固有アビリティ】
ティファは△で強力な固有アビリティ「秘技」を放つ。「秘技」は、アビリティの「秘技解放」を使うことで、強打→爆裂拳→掌打ラッシュと3段階強化可能で、同時に「たたかう」のコンボ数も増える。

■強打
アッパーで空中高くまで打ち上げる。


■爆裂拳
肩を使った重い一撃で敵を突き飛ばす。


■掌打ラッシュ
怒涛の連続蹴りを浴びせた後、強力な掌打を叩き込む。



【アビリティ】
■正拳突き
正面の敵を素早く突く格闘技。


■かかと落とし
空中から高威力の蹴りを繰り出す。


◆マテリア


【魔法マテリア<かいふく>】
ケアルやケアルラ等の回復魔法が使えるようになるマテリア。

■かいふく魔法「リジェネ」
対象キャラクターへ付与後、効果時間中に徐々にHPを回復し続ける。


【独立マテリア<かいひぎり>】
回避後の攻撃が範囲攻撃になるマテリア。クラウドだけでなく、どのキャラクターでも使用できる。


◆武器


装備した武器は移動中やバトル中もキャラクターの見た目に反映される。画像は「釘バット」を装備し攻撃するクラウド。



◆新たな要素 - なんでも屋クエスト


クラウドは「なんでも屋」を仕事にしており、ミッドガルの人々から様々な依頼「クエスト」を受けることができる。依頼内容はさまざまで、達成することで報酬等が得られる。

【七番街スラムでのクエスト】

なんでも屋の仕事「クエスト」は、メニューから一覧で見ることができる。モンスターの討伐依頼や、時には迷子の猫のを見つけてほしいという依頼など、種類は様々だ。



羽根トカゲの討伐依頼クエスト。クリアすることで報酬がもらえる。

◆新たな要素 - バトルレポート


七番街スラムにいる神羅の研修生チャドリーから受けられる「バトルレポート」のクエスト。ミッションをこなすことでマテリアを開発・販売してくれる。

【バトルレポート】
バトルレポートは、マテリア<みやぶる>で敵を「みやぶる」ものや、敵を複数回バーストさせるものなど、バトルにおいて特定の条件を満たすことで達成される。




■「チャドリー」(Voice Cast:梅田修一朗)

15歳。神羅カンパニー科学部門所属の研修生。新種のマテリア開発を研究しておりクラウドに協力を依頼する。

◆召喚獣


召喚マテリアを装備することで、特定のバトル中サモンゲージが溜まると呼び出すことができるようになる。召喚獣はオートで戦闘を行うが、プレイヤーのATBを消費して召喚獣に特殊アビリティを命令することもできる。また、帰還時には強力な必殺技を放つ。

■コチョコボ
幼いチョコボ。愛らしい見た目と裏腹に、様々な属性魔法を操る。
[セブンネットショッピング購入特典で入手可能(※)]



■カーバンクル
額に宝石ルビーをつけた幻獣。ルビーの輝きで仲間に力を与える。
[PS Store早期購入特典で入手可能(※)]



■サボテンダー
動くサボテン。とぼけた顔をしながら、強力な針攻撃を繰り出す。
[スクウェア・エニックス e-STORE購入特典で入手可能(※)]


※後日有料で頒布される可能性がございます。

◆FFVII REMAKEの世界


FFVIIで登場したロケーションを高クオリティで忠実に再現。オリジナル版では探索できなかったロケーションも複数追加。

【魔晄炉】

地中から魔晄をくみ上げるための施設。魔晄は電気や液化ガスに変換され、街へと供給されるほか、マテリアの生成や様々な研究に使用される。神羅カンパニーは、エネルギー資源の独占を目論み、世界各地にある魔晄の源泉ポイントに次々と魔晄炉を建設し、運用してきた。

しかし、安全面においては懸念の声もあり、僻地に建てられた魔晄炉が事故を起こしたという事例も確認されている。

【螺旋トンネル】

プレートの市街地と地上のスラム街をつなぐトンネル。ミッドガルの中心にある巨大な支柱を螺旋状に走っている。列車の乗客は必ずIDをスキャンされ、出入りを管理される。不審者を発見すると、警備兵器が出動し、すみやかに排除する。



(C) 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION: (C) 1997 YOSHITAKA AMANO
※本作は1997年に発売された『FINAL FANTASY VII』(原作)のリメイク作品です。ミッドガル脱出までの原作を元にオリジナルの要素を加えた作品となり、複数作で展開予定の第一作目です。
※画面は開発中のものです。

『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども

《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集