アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」メインキャストは北村匠海&芳根京子! 潘めぐみ、鈴木達央らも出演 | アニメ!アニメ!

アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」メインキャストは北村匠海&芳根京子! 潘めぐみ、鈴木達央らも出演

アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』の公開日が2019年12月13日に決定し、メインキャストとして鈴原守役・北村匠海、千代野綾役・芳根京子の出演が発表。キャストにはさらに、潘めぐみ、鈴木達央、大塚剛央、道井悠、小市眞琴、櫻井孝宏が名を連ねた。

ニュース
『ぼくらの7日間戦争』(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
  • 『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』の公開日が2019年12月13日に決定し、メインキャストとして鈴原守役・北村匠海、千代野綾役・芳根京子の出演が発表。キャストにはさらに、潘めぐみ、鈴木達央、大塚剛央、道井悠、小市眞琴、櫻井孝宏が名を連ねた。

『ぼくらの7日間戦争』の原作は、既刊40巻以上、累計発行部数2,000万部以上(2019年8月現在)を記録した、宗田理によるベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』シリーズだ。

『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
いつもひとりで本ばかり読んでいる鈴原守の片思いの相手は、お隣に住む幼馴染の千代野綾。しかし綾は、一週間後に議員である父親の都合で東京へ引っ越すことを迫られていた。やり場のない綾の本音を聞き、守は思い切って告げる。「逃げましょう……っ!」。
綾の親友・山咲香織をはじめ、明るく人気者の緒形壮馬、ノリのいい阿久津紗希、秀才の本庄博人までもが逃避行に加わり、駆け落ちを夢見ていた守は拍子抜けするが、それは特別な夏の始まりには違いなかった……。

このたび、作品のメインキャラクターを演じるふたりが発表された。
学校では目立たない歴史マニア・守役は、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとしても幅広い活躍を魅せる俳優・北村。守が片思いしている本作のヒロイン・綾役は、「第42回 日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した女優・芳根が担当する。

『ぼくらの7日間戦争』場面写真(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
なお、北村、芳根の起用理由についてKADOKAWAは「大人に戦争を仕掛けるという物語に現実的な説得力を持たせられる俳優さんに守と綾を託したいと思っていました。北村さんと芳根さんなら、これまでの出演作を拝見してきた中で、心に想いを秘める繊細さと大胆な行動力の相反する要素を持ち、守と綾の真意を理解して声を吹き込み、誰もが応援したくなるキャラクターにしてくださると思いオファーしたのですが、リハーサルではお二人のあまりのフィット感にスタッフ全員が驚きました」とコメントしている。

アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』は、2019年12月13日から全国ロードショー。

<以下、コメント全文掲載>


【監督:村野佑太】
「芝居はセッション。色んな人と演じあうことで良い物が生まれる」と、初対面の時に北村匠海さんが言いました。俳優と声優が一緒に収録出来る現場がそう多くはない中で、『7日間戦争』はその言葉を信念に、冒険する子ども役7人の収録を一緒に行うことになります。

その場の誰をも唸らせる入魂の芝居で綾を演じた芳根京子さん、クライマックスの収録はまさに圧巻の一言でした。そしてチームをまとめる潘めぐみさんと鈴木達央さんの存在感を中心に、結束し、頼り合い、導き合う関係になってゆく7人の空気感は、まさに原作が求めた子ども達の姿そのもの。その尊さは、この作品の確かな魅力です。

北村匠海 芳根京子
潘めぐみ 鈴木達央 大塚剛央 道井悠 小市眞琴 櫻井孝宏
原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:村野佑太 脚本:大河内一楼 キャラクター原案:けーしん キャラクターデザイン・総作画監督:清水洋
総作画監督:西岡夕樹 場面設計:関根昌之 美術監督:栗林大貴 色彩設計:広瀬いづみ 撮影監督:木村俊也 音響監督:菊田浩巳 音楽:市川淳
制作:亜細亜堂 配給:ギャガ KADOKAWA


(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集