「はたらく細胞」過去最大規模の原画展が東京&愛知で開催 マンガや原画など約150点を展示 | アニメ!アニメ!

「はたらく細胞」過去最大規模の原画展が東京&愛知で開催 マンガや原画など約150点を展示

『はたらく細胞』の過去最大規模となる原画展が、東京と愛知にて開催されることが決定した。10月9日よりスタートする東京会場の前売券は、現在「ローソンチケット」にて取り扱い中だ。

ニュース
「はたらく細胞原画展」キービジュアル(C)清水茜/講談社
  • 「はたらく細胞原画展」キービジュアル(C)清水茜/講談社
  • 「はたらく細胞原画展」オリジナル絆創膏(12絵柄)(C)清水茜/講談社
『はたらく細胞』の過去最大規模となる原画展が、東京と愛知にて開催されることが決定した。10月9日よりスタートする東京会場の前売券は、現在「ローソンチケット」にて取り扱い中だ。

『はたらく細胞』は、赤血球と白血球を中心とする体内細胞の人知れぬ活躍を描いた細胞擬人化ファンタジー。2015年より「月刊少年シリウス」にて連載中で、スピンオフ作品を含むシリーズ累計発行部数は350万部を突破。2018年にはTVアニメ化も果たした。

もっとも身近なテーマである人体を舞台に斬新な切り口で描いた本作は、子どもから大人まで幅広い層の支持を得ており、医療従事者からも高い評価を獲得。多くの企業タイアップ企画でも話題となっている。

過去最大規模となる本展では、貴重なマンガやカラーイラストの原画など約150点を展示することで、『はたらく細胞』の新たな魅力に迫っていく。
会場ではそのほかにも、フォトスポットの設置など作品世界をより楽しめる演出を予定。原画展ならではの商品や、先行販売のグッズなども取り扱われる。

「はたらく細胞原画展」東京会場は松屋銀座8階イベントスクエアにて、10月9日~10月22日に開催予定。愛知会場の詳細は後日案内される。

「はたらく細胞原画展」
■東京会場
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
会期:2019年10月9日(水)~10月22日(祝・火)
時間:午前10時~午後8時(入場は閉場の30分前まで。最終日は午後5時閉場)
   ※14日(祝・月)、20日(日)は午後7時30分閉場
主催:はたらく細胞原画展実行委員会
特別協力:講談社、はたらく細胞製作委員会

入場券:ローソンチケット(Lコード37500)にて8月24日(土)午前10時より発売
【前売券】一般800円/高校生600円/中学生400円/小学生300円/グッズ付き1,300円/音声ガイド付き1,500円/グッズ+音声ガイド付き2,000円
【当日券】一般1,000円/高校生700円/中学生500円/小学生300円/グッズ付き1,500円/音声ガイド付き1,700円/グッズ+音声ガイド付き2,200円
※グッズ付き前売券/当日券のグッズは「はたらく細胞原画展オリジナル絆創膏(12絵柄)」です。
※グッズは会期中会場で引換券と交換でお渡しします。グッズ付き前売券は数量限定の為、完売する場合がございます。また、完売の場合はグッズ付当日券の販売はございません。
※グッズ付き、音声ガイド付きは一般券種のみで、ローソンチケット限定での販売です。
(C)清水茜/講談社
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集