「ワンピース スタンピード」公開4日間で興収16億超! 最終興収50億以上へ好スタート | アニメ!アニメ!

「ワンピース スタンピード」公開4日間で興収16億超! 最終興収50億以上へ好スタート

劇場版『ワンピース スタンピード』が、8月9日の封切りから8月12日までの4日間累計で、観客動員数が125万4,372名、興行収入が16億4,632万1,500円という興行成績を収めたことがわかった。

ニュース
『ワンピース スタンピード』(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
  • 『ワンピース スタンピード』(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
  • 劇場版『ワンピース スタンピード』入場者特典第2弾 表(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
  • 劇場版『ワンピース スタンピード』入場者特典第2弾 裏(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
  • 劇場版『ワンピース スタンピード』(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
劇場版『ワンピース スタンピード』が、8月9日の封切りから8月12日までの4日間累計で、観客動員数が125万4,372名、興行収入が16億4,632万1,500円という興行成績を収めたことがわかった。

『ワンピース スタンピード』はTVアニメ放送20周年記念作品として制作された、3年ぶりの劇場版『ワンピース』シリーズ最新作だ。「海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典」である“海賊万博”を舞台に、その目玉イベント「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」で時代の覇権を左右するお宝争奪戦が繰り広げられる。

このたび発表された公開4日間の興行成績は、2016年7月23日に公開された前作『ワンピース フィルム ゴールド』と比較して、動員比が115.3パーセント、興行収入比が108.4パーセントといずれも上回る数字となった。
興行通信社調べによる週末興行動員数ランキングでも第1位を獲得しており、夏休みの動員も引き続き期待できるなか、最終興収50億以上に向けて好調なスタートを切ったといえるだろう。

なお公開劇場では8月23日より、入場者特典第2弾として「尾田栄一郎描き下ろしビジュアル入りミニクリアファイル」を配布予定。
さらに一部劇場では同日より、通常の4DXよりギミックの演出効果を激しくさせた「“ギア4”DXバスターコールエディション」での上映もスタートする。

劇場版『ワンピース スタンピード』
≪金~月4日間興行成績≫
4日間累計 動員数 1,254,372名 興行収入 1,646,321,500円
8/9(金) 動員数 356,690名 興行収入 455,872,000円
8/10(土) 動員数 289,841名 興行収入 386,276,700円
8/11(日) 動員数 307,861名 興行収入 419,712,000円
8/12(月祝) 動員数 299,980名 興行収入 384,460,800円

(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集