2019年夏アニメ、“いま”一番推せる作品は? 3位「あんスタ」、2位「彼方のアストラ」、1位は… | アニメ!アニメ!

2019年夏アニメ、“いま”一番推せる作品は? 3位「あんスタ」、2位「彼方のアストラ」、1位は…

アニメ!アニメ!では、「2019年夏アニメ、“いま”一番推せる作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
『彼方のアストラ』キービジュアル(C)篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会
  • 『彼方のアストラ』キービジュアル(C)篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会
  • 『ダンベル何キロ持てる?』(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム
  • 「あんさんぶるスターズ!」(C)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会
  • 『ギヴン』キービジュアル(C)キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会
  • 『ナカノヒトゲノム【実況中】』キービジュアル第2弾(C)2019 おそら/KADOKAWA/ナカノヒトゲノム【実況中】製作委員会
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 2 製作委員会
  • 『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第4弾キービジュアル(C)CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会
  • 『からかい上手の高木さん2』メインビジュアル(C)2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会
2019年7月スタートの夏アニメも、多くの作品が初回のオンエアを迎えました。人気シリーズの続編やアニメファン注目のオリジナルタイトルなど、今期も見逃せない作品が揃っています。

アニメ!アニメ!は以前「2019年夏アニメ 期待値の高い作品は?」と題した読者アンケートを行いました。実際に放送が始まったことで、意見が変わった方もいると思います。そんな中、7月中旬現在、最も推せる作品は一体何なのでしょうか?

そこでアニメ!アニメ!では、「2019年夏アニメ、“いま”一番推せる作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。7月14日から7月21日までのアンケート期間中に220人から回答を得ました。男女比はほぼ同数。年齢層は19歳以下が約35パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

【参考記事】2019年夏アニメ 期待値アンケート結果https://animeanime.jp/article/2019/06/14/46158.html


■『ダンベル何キロ持てる?』がトップに! 筋肉描写で話題


1位は『ダンベル何キロ持てる?』。支持率は約13パーセントで、期待値アンケートのランク外から一躍トップとなりました。本作はコミックアプリ「マンガワン」にて連載中の人気コメディが原作。ダイエットを決意した女子高生・紗倉ひびきが肉体改造に挑むストーリーです。
読者からは「筋肉のインパクトが凄まじかった」や「一番スッと入って来て、気軽に楽しめるアニメだから。アニメを見ながら運動もできるので、モチベーションが維持しやすいのも理由です」、「自分も食べることが大好きなので、ダイエットしないとなと思ってしまう」といったコメントが寄せられました。「OP、EDが秀逸で本編のテンポも素晴らしいです」と筋肉をテーマにした主題歌も支持されています。

『ダンベル何キロ持てる?』(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム
『ダンベル何キロ持てる?』(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム
2位は『彼方のアストラ』。支持率は約7パーセントで、こちらも期待値アンケートではランク外でした。こちらの原作は「少年ジャンプ+」に連載された同名コミック。惑星キャンプで遭難した9名の少年少女たちによるSFサバイバルとなっています。
「ストーリー構成、作画、声優の三拍子が揃っている。1話の宇宙で遭難という絶望感と帰還への希望を抱かせる展開で一気に作品に引き込まれた」や「原作の小ネタとか小さいギャグもかなり拾ってくれてて、ミステリー要素のある作品なのにちゃんと明るくて面白い」と原作ファンからも人気です。

『彼方のアストラ』キービジュアル(C)篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会
『彼方のアストラ』キービジュアル(C)篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会
3位は『あんさんぶるスターズ!』。支持率は約6パーセントで、期待値アンケートでは4位でした。
スマートフォン向けアプリゲームが原作の『あんスタ』には「ずっと前から楽しみにしていた作品で、ストーリやキャラも良くて期待していた以上に面白かった」や「ライブシーンがとても素晴らしかった」、「ゲームリリース時から応援してきた作品がアニメ化したから」との声があり、アニメを心待ちにしていたファンが多いようです

「あんさんぶるスターズ!」(C)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会
「あんさんぶるスターズ!」(C)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会
なお男性票のみでは1位は『ダンベル何キロ持てる?』、2位は『彼方のアストラ』、3位は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』でした。
『ダンまちII』は「ようやく2期が観れるのでとても嬉しいです。1話からかなりの修羅場でした」と4年ぶりのTVシリーズへのコメントがありました。

女性票のみでは1位は『あんさんぶるスターズ!』、2位は『ナカノヒトゲノム【実況中】』、3位は『ギヴン』となっています。
WEBマンガ原作の『ナカノヒトゲノム【実況中】』には「とにかくおもしろい! キャラクターも個性豊かでみんないいです」、『ギヴン』には「ノイタミナ初のBL作品。絵がとても綺麗」や「ギターを弾いている姿がカッコいい」という声が届いています。

『ギヴン』キービジュアル(C)キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会
『ギヴン』キービジュアル(C)キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

■ そのほかのコメントを紹介!!


『女子高生の無駄づかい』には「演出、キャスト陣の演技共に自由で楽しい雰囲気が溢れているのが印象的だったので。2話の戸松遥さんのハジけっぷりが最高です。オープニングの面白さも今期No.1!」。
『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』には「『Fate/Zero』のウェイバー君がエルメロイII世として頑張っている姿を見ていると応援したくなるから」。

『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』キービジュアル(C)三田誠・TYPE-MOON / LEMPC
『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』キービジュアル(C)三田誠・TYPE-MOON / LEMPC
『荒ぶる季節の乙女どもよ。』には「女子高生たちの荒ぶる青春劇をコミカルに描いていて楽しい。下手すると下品になりすぎるところを淡い色彩でソフトな印象を与えているも良い」。
『グランベルム』には「ド派手なアクション、斬新な手描きSDロボデザイン、凝ったSE、そして可愛い女の子。オリジナルアニメで考察のしがいもあって、金曜日が楽しみで仕方ないです!」とオリジナル作品へのコメントもありました。バラエティ豊かな夏アニメの今後の展開に要注目です!

『グランベルム』第1弾キービジュアル(C)ProjectGRANBELM
『グランベルム』第1弾キービジュアル(C)ProjectGRANBELM

■ランキングトップ10


[2019年夏アニメ、“いま”一番推せる作品は?]
1位 『ダンベル何キロ持てる?』
2位 『彼方のアストラ』
3位 『あんさんぶるスターズ!』
4位 『ギヴン』
5位 『ナカノヒトゲノム【実況中】』
6位 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』
7位 『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』
7位 『からかい上手の高木さん2』
7位 『コップクラフト』
7位 『女子高生の無駄づかい』
7位 『とある科学の一方通行』
7位 『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』

次ページ:ランキング20位まで公開

(回答期間:2019年7月14日~7月21日)

《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集