「八月のシンデレラナイン」限定ポスター全30種網羅! “野球少女×四字熟語”にときめいて遊んでみた【特集】 | アニメ!アニメ!

「八月のシンデレラナイン」限定ポスター全30種網羅! “野球少女×四字熟語”にときめいて遊んでみた【特集】

全力プレーする野球少女、浮かび上がる四字熟語の青いポスターに、目がクギ付けになりました。

ニュース
野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
  • 野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】
全力プレーする野球少女、浮かび上がる四字熟語の青いポスターに、目がクギ付けになりました。

「青春×女子高生×高校野球」がテーマのスマホ向け野球型青春体験ゲーム『八月のシンデレラナイン』配信2周年を記念し、7月1日~8日までJR池袋駅改札内で全30選手のポスターが展示されていました。


バットを振りかぶる、ダイビングキャッチ、全力疾走などエネルギッシュな少女たちと、「獅子奮迅」「起死回生」といったカッコいい四字熟語が合わさっており、まさに青春の1ページといった感じです。どういったゲームか知らなかったものの、すぐにダウンロードして遊んだので内容をご紹介します。

ちなみにポスターは、

・山手線(田端・上野・東京方面)
・山手線(新宿・渋谷・品川方面)
・埼京線(赤羽・武蔵浦和・大宮・川越方面)と湘南新宿ライン(大宮・宇都宮・高崎方面)
・湘南新宿ライン(横浜・大船・小田原・逗子方面)と埼京線(新宿・渋谷・大崎・りんかい線方面)

4ホームそれぞれの階段にランダムで貼られていました。全種類見つけて撮りましたので、期間中に見逃した人は記事の最後をぜひご覧ください。

■怪我で野球を諦めた主人公が女子野球部の監督となって甲子園を目指す


主人公はとある怪我によって野球生命を絶たれたボーイズリーグ・の元エース。野球部のない高校に進学したものの、女子であっても甲子園を目指す有原翼の情熱に触れて、もう一度野球の世界に戻る決意をします。女子硬式野球部の監督として、魅力的な女子キャラクター達を指導・育成しながら、共に甲子園という夢を追いかけます。


本作では、野球部の様々な活動を通して選手を自分好みに育成することが可能。時にヒロインたちが抱える悩みや葛藤を解決することも、選手としての成長を促すコツです。「青春」というテーマとゲームシステムを密接に連動させることで、ヒロインの内面を深く、豊かに体験できることが特徴です。

プレイヤーのファンで、女子は甲子園に出場できないと一度は夢を諦めた有原翼


主人公がもう野球をできないと知って、女子野球部を設立して甲子園を目指すことを決意



本作にはメインストーリーとイベントストーリーの2つがあり、基本的には試合とシナリオを交互に繰り返していく流れです。チーム総合力がアップすることでチーム評価もアップし、SR以上確定スカウトチケット3枚などがセットになった限定パックが都度購入できます。


最初の記念パックが120円と安く感じたので即購入しました。戦力充実にまた一歩近づけたと思います。

■めっちゃ可愛い女の子たちの色んなシチュエーションを見られる


本作の一番の魅力は美麗イラスト。芯を持った可愛い女の子たちの様々なシーンが用意されています。同じキャラクターでもたくさんのシーンがあって、実はこれらのシーンが選手カード。





好きなキャラクターの好きなシーンを選び、レギュラーとベンチ入りメンバーを編成するわけです。傘をさしていたり、メガネを拭いていたり、スキップしていたり、野球のプレイに限らない日常の風景が見られるのですが、シーンごとにポジション・能力値・スキルが違います。




自分の好きなキャラクターでチーム編成し、試合は基本的にオート進行なので見守るだけ。選手は調子の良し悪しがあるので見定めましょう。戦術を使うことで選手に指示を出せます。


戦術も増やしていくことでチームの勝率が高まります。


新しい選手は「スカウト」で入手。レアリティはありますが、どのシーンも最高レアリティ「SSR」まで育成できます。



レベルだけでなく「限界突破」や「覚醒」など、キャラクター育成のやり込み要素が豊富です。




あとは、お気に入りに設定したキャラクターが試合で活躍すると獲得できるTPを使って、信頼度を上げてパラメーターを上昇させることができます。元々、ポスターに惹かれてゲームを始めた筆者だったので、最初のガチャ(スカウト)で当たったキャラクターの中から、感覚だけで椎名ひかりに決めました。

■結論からして、どんなタイプの野球ゲームなのか


高校1年4月からストーリーは「青春」をこれでもかというほど感じさせる展開。女子で甲子園に出るなんて不可能だと思えることでも、彼女たちは疑いもなく挑んで行きます。その姿に筆者も忘れかけた青春を思い出させられます。





試合もデフォルメされたキャラクターたちがスキルを発揮して活躍する姿が可愛い。難しい操作がないため、好きなキャラクターを全力で追いかけて没頭できる野球ゲームだと感じました。



現在は配信2周年記念キャンペーン開催中。各期間1回ずつ(全3回)無料10連ガチャ(スカウト)に挑戦可能。さらにログインすることで、好きなSSR選手(※1)がLv.MAXでチームに迎えられる「2周年記念ドラフトチケット」がもらえます(8月1日までを予定)。始めるなら今しかないかもしれません。

JR池袋駅改札内期間限定ポスター全種一挙公開

野球少女が甲子園を目指す『八月のシンデレラナイン』限定ポスターにときめいて遊んでみた【全30種写真あり】

《乃木章》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集